Bカップの大きさとは、みなさんどんなイメージをお持ちでしょうか。また、日本人女性の平均的なバストサイズがどれくらいなのか、知っている人は少ないのではないでしょうか。今回は、Bカップとはどれくらいの大きさなのか、日本人女性のバストサイズの平均や、日本人男性の理想のバストサイズなどについて詳しく調べてみました!また、正しいバストケアの仕方や、バストアップをする方法なども、合わせてご紹介していきます。

Bカップって小さい?平均的?

Bカップとは、日本人の女性の場合には、平均的な大きさなのでしょうか。女性のみなさんは、Bカップというと、少し小さいというイメージの方が強い人の方が多いかもしれません。なぜなら、近年では生活習慣などが変化したためか、バストサイズの大きい女性が多い傾向があるからです。

メディアなどでも、毎日目にするグラビアアイドルなどがその代表的な存在であり、若くして豊満な胸を持っている人が多く見られます。そのため、世の中の大半の人は、現代女性のバストサイズは、おそらく大きくなっている傾向があると思っている人が多いのではないでしょうか。

このような疑問を解決するためにも、Bカップについてさまざまな情報を集めてみました。日本人女性の平均的なバストサイズから、日本人男性の理想のバストサイズなどをご紹介します。また、Bカップについての基礎知識や、もっとバストアップしたい人のために、正しいバストケアの仕方からバストアップの方法までを詳しく解説していきます。

日頃のバストケアを怠っている人や、バストサイズをもう少しアップさせたい!と思っている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Bカップのサイズって?

カップサイズの出し方

胸のカップ数とは、アンダーバストとトップバストのトップ・アンダーの差によって決まります。アンダーバストとトップバストの差が12.5cm以内がBカップであると言われており、基本的に2.5cm増えるごとに胸のカップ数が変わります。

しかし、このカップサイズは、実際のところきちんと把握していない女性も多く、間違ったサイズのブラジャーをしている人も多いと言われています。自分の胸にきちんと合ったサイズのブラジャーをしないで生活をしていると、胸が垂れてしまったりなど、将来的に綺麗な胸を維持できなくなる可能性があるので、注意する必要があるでしょう。

このようなことにならないためにも、まずは専門の下着屋さんに行き、自分のサイズを計測してもらうことをおすすめします。

アンダーバストでサイズが異なる

また、見た目のバストサイズが大きかったとしても、バストサイズは前述したようにトップとアンダーの差で決まるために、実際のところトップとアンダーの差が少ない時には、AカップやBカップであるというようなことも少なくはないようです。また、逆に見た目のバストサイズが小さかったとしても、アンダーバストが細い人などは、カップ数が大きくなる場合もあります。

このように、アンダーバストでサイズが異なるため、まずは自分のアンダーバストのサイズをきちんと把握する必要があります。また、胸の大きさは質量によっても変わると言われており、胸の質量が大きくなればなるほど、見た目にも胸が大きく見えると言われています。

そのため、アンダーバストのサイズが小さくなることにより、実際の胸のサイズよりもさらに小さく見えることが多いと言われています。反対に、アンダーバストがある場合には、実際のカップ数よりも大きな胸に見える可能性が高いと言われています。

なぜ、アンダーバストのサイズによって見た目が変わるかというと、それは視覚の問題であると言われています。アンダーバストが小さくなると、同じ胸の大きさであっても前に突き出るような形となり、反対にアンダーバストがあると、横に広がるような形になるため、同じ大きさであってもアンダーバストがあり、横に広がる方が大きく見えると言われています。

Bカップの胸の重さは?

Bカップの胸の重さが何gであるか、実際に計ったことがある人はおそらくあまりいないのではないでしょうか。Bカップの胸の重さは、両胸合わせて約280gであると言われています。これは、生まれたばかりのモルモット2匹分の重さであると、イギリスの下着メーカーが発表しています。

このようなたとえから、簡単に言うとBカップの女性は、両胸にモルモットの赤ちゃんを抱えているような状態になります。モルモットの赤ちゃんでは少しわかりにくいため、もう少しわかりやすいたとえにすると、約280gとはちょうど柿2個分の重さになると言われています。

日本女性の平均カップは?

Cカップが一番多い

日本人の女性の、平均的な胸のサイズをご存知でしょうか?じつは、日本人の女性で一番多い胸のサイズは、Cカップであると言われています。その次の2位はBカップであると言われており、このようなことから日本人女性の半数以上は、CカップとBカップであると言えるでしょう。

しかし、Bカップの女性は、「もう少し胸を大きくしたい」と思っている人が多く、カップサイズを上げるために日々努力している人もたくさんいるようです。バストサイズは日々のケア次第で大きくすることができるため、もう少し大きくしたいと思う女性は、これからご紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか。

ただし、Bカップは洋服などを着こなす場合には、最適なバランスの体型であると言われているため、自分がどのようなイメージを重視するかで、納得する胸の大きさが違ってくると言えるでしょう。

地域によってカップに差が出る?

また、このような胸のサイズは、地域によって差が出ると言われています。その理由は、食生活や生活習慣、環境などが異なるためであると言われており、たとえ同じ日本国内であっても、都道府県によって、平均的な胸のサイズが異なるようです。以下は、日本国内の平均的な胸のサイズになります。

・Aカップ 埼玉県

・Bカップ 北海道・青森県・岩手県・秋田県・山形県・栃木県・群馬県・千葉県・神奈川県・長野県・静岡県・兵庫県・山口県・高知県・大分県・佐賀県・長崎県・熊本県

・Cカップ 茨城県・東京都・富山県・石川県・愛知県・滋賀県・三重県・和歌山県・鳥取県・島根県・香川県・愛媛県・徳島県・福岡県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

・Dカップ 宮城県・福島県・新潟県・山梨県・福井県・奈良県・大阪府・岡山県・広島県

・Eカップ 岐阜県・京都府

このような結果からも、地域によって女性の平均的な胸のカップが、全く異なることがわかります。ただし、やはり前述した日本人女性の平均的な胸のカップの結果からも、ほとんどがBカップとCカップに集中していることがわかります。

男性が理想とするカップは?

女性の中には、自分の好きな男性のために、胸を大きくしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。確かに多くの男性は、外見で女性を選ぶため、その中には「胸」ももちろん判断基準として含まれています。

そのため、その男性の好みの胸のサイズであれば、落とす武器の1つになると言っても良いでしょう。また、日本人の男性の多くが、巨乳好きなイメージがありますが、男性を対象に行った「理想の胸の大きさ」のアンケートによると、Dカップが1位という結果が出ています。

ただし、Cカップが1位の記事も有ることから、多くの日本人男性は、CカップもしくはDカップが理想であると考えているようです。以下は、「男性が理想とする胸の大きさランキング」になります。

1位 Dカップ(50.0%)
2位 Cカップ(18.9%)
3位 Eカップ以上(16.7%)
4位 Bカップ/カップは気にしない(5.6%)
6位 Hカップ以上(3.3%)

このようなことから、いちがいに日本人の男性が巨乳好きであるわけではないため、そこまで胸を大きくしたいと悩む必要はないと言えるでしょう。また、意外と小さいサイズの方が好きな男性もいるため、あまり大きすぎるのも、場合によっては男性には受けが悪いこともあるため、気を付けるようにした方が良いでしょう。

そして、日本人女性の多くがもともとBカップやCカップであることから、すでに日本人の男性の理想のサイズであると言えるため、そのままのサイズをキープするように努力するだけで良い女性の方が多いかもしれません。

間違ったバストケアに要注意!

寝る時のノーブラはNG

寝る時はノーブラ、実はこれは間違ったバストケアです。ノーブラで寝ると胸の脂肪が外側へ流れてしまうので、胸の形が崩れたり、育たなくなる可能性があります。ただ日中つけているブラジャーでは、締め付けが強すぎたり、胸の固定がしっかり行えないので、就寝中専用のナイトブラをつけることが重要です。

ナイトブラは胸を固定して、寝ている間に形が崩れることを防いでくれますし、胸はその形状を記憶するので、理想の胸の形をナイトブラで固定しておけば、その形を覚えてしっかりキープしてくれるそうです。

更に22時~深夜2時の「ゴールデンタイム」は、成長ホルモンの分泌が最も増える時間帯なので、この時にナイトブラをつけておくとバストアップも期待できるそうですよ。

大きさに関係なく胸は垂れる

また、胸は大きさに関係なく垂れると言われており、カップ付きのキャミソールやベアトップなどもNGであると言われています。

前述したように、胸は形状記憶をすることから、ベアトップは胸を押しつぶしてしまうので、胸の形が悪くなってしまい、カップ付きキャミソールの場合には、胸をホールドする力が弱いために、胸の形がキレイに整えられず、ハミ肉となって形状記憶されてしまうおそれがあると言われています。

胸が小さい人は、ついカップ付きのキャミソールで十分だと思いがちですが、胸が小さくても垂れる原理は同じことであるため、きちんと形を整えてくれるブラジャーを日頃から着用する習慣をつけるようにしましょう。

運動時はバストをしっかり固定

ダイエットのために、日々運動に励んでいる女性も多いのではないでしょうか。しかし、スポーツの際には、胸は1mmたりとも揺らしてはいけないと言われています。普段から胸を押さえつけることは体に良くありませんが、スポーツをしている場合には、絶対に揺らさないように特別に押さえつける必要があります。

なぜなら、バストを吊り上げている「クーパー靭帯」の損傷を防ぐためです。クーパー靭帯とは、コラーゲン繊維束で出来ているゴムのような靭帯であり、バスト全体を包むように張り巡らされています。このクーパー靭帯が、一度切れてしまったり伸びきってしまうと、二度と元に戻すことができないからです。

そのため、このクーパー靭帯が切れたり伸びたりしてしまえば、胸は当然垂れてしまうため、細心の注意を払う必要があるからです。また、このクーパー靭帯は、損傷しても全く痛さを感じないために、知らず知らずのうちに切れたり伸びきったりしてしまうおそれがあるのです。

このようなことにならないためにも、きちんと自分に合うスポーツブラを選び、スポーツをする際には胸を揺らさないように十分に注意するようにしましょう。

バストアップはブラ選びが重要

自分のサイズを把握する

バストアップしたい女性は、ブラジャー選びがもっとも重要であると言えるでしょう。そのためには、まずは自分のバストサイズを正確に把握する必要があります。しかし、バストサイズを自分で正確に測ることは不可能であるため、下着屋さんなどに行ってきちんと計測してもらう必要があるでしょう。

現在は下着専門店も多いことから、下着屋さんで自分のサイズを計測するのは、そこまで困難なことではないはずです。きちんとした信頼できる専門店を、ネットなどで自宅の近くにある店舗を調べ、来店するようにしましょう。

また、下着屋さんで計測をしてもらえば、ブラジャーを着用する際の細かなアドバイスなどもしてもらえるため一石二鳥であると言えるでしょう。このように、普段から自分のバストサイズに敏感になることが、バストアップを成功させるポイントです。だたし、バストサイズはつねに変動するため、少し太ったり痩せたりした場合には、その都度計測し直す必要があります。

このような場合にも、面倒くさがらずにきちんと測り直すようにしてください。つねに自分の体にあったブラジャーをつけることが、バストアップや美しいバストをキープする秘訣になるからです。

近年は専用ブラも豊富

近年は、その用途によっていろいろな専用ブラが多く販売されています。バストアップのための「育乳ブラ」や、就寝専用の「ナイトブラ」など、種類も豊富であるため、きちんと使い分けるようにしましょう。

このような専用ブラは、店舗でもネットでも購入できるので、自分の体にあったブラジャーを探すようにしてください。また、育乳ブラ専門店もあるため、バストアップをしたい人の場合には、育乳ブラ専門店を訪れるようにした方が良いでしょう。

育乳ブラ専門店では、個人個人の専用カルテなどもあるため、きちんと定期的に通えばその効果はとても高いと言われています。本気でバストアップを望む女性は、このような育乳ブラ専門店を来店することをおすすめします。

はみ出たお肉はブラに寄せる

バストアップを狙うなら、ただブラをつけるのではなく、はみ出たお肉をブラに寄せることが重要です。二の腕や背中、脇など、不要な脂肪をぐいぐいと寄せてきてブラの中に詰め込めば、その形状が記憶されます。つまり不要な脂肪が胸のお肉に変化することで、サイズアップが狙える訳です。

バストアップのためには、毎日欠かさず胸周辺の不要な脂肪をブラに寄せる必要があります。この作業を毎日繰り返すことで、不要な脂肪が胸のお肉になるように洗脳することができるのです。

また体を動かすとどうしてもブラがずれたりするので、1日の中で何回か調節することも大切です。慣れない内はなかなか大変だと思いますが、その努力がバストアップに繋がります。「胸のお肉になれ!」と念じながら、毎日はみ出たお肉をブラに寄せましょう。

日常生活でバストアップするには

胸筋を鍛える

バストは、大胸筋の上に形成されているため、大胸筋はバストの土台であると言えるでしょう。そのため、胸筋を鍛えることにより、バストを引き上げる効果や下垂を防止することができます。また、筋肉が発達することにより、血流量も増すためバストへの栄養がスムーズに運ばれることから、さらなるバストアップの効果も期待できます。

他にも、胸の内側の筋肉を意識して鍛えることにより、乳間を狭くさせることができると言われています。ただし、筋トレをやりすぎてしまうと、体脂肪率が減るために、バストの脂肪までもが減ってしまうおそれがあるため、注意するようにしてください。

バストマッサージ

バストマッサージを行うことも、バストアップにはとても有効であると言われています。とくに、入浴後に行うと効果が上がると言われており、バストマッサージを行うことによって、リンパの流れや血行を良くしてバストへの栄養を供給することができると言われています。

また、このようなバストマッサージを行うことにより、体に刺激を与えることができるために、女性ホルモンの分泌を促進することができます。このような効果により、バストマッサージをすれば、バストを大きくすることができると言われています。

大豆製品を摂る

大豆製品を摂ることも、バストアップのためには欠かせないと言っても良いでしょう。大豆製品には、大豆イソフラボンが多く含まれており、これは植物由来のエストロゲンとも呼ばれるほど、女性ホルモンに類似した働きをすると言われています。

そのため、乳腺の増殖を促し、バストアップの効果が期待できます。また、バストアップ効果だけでなく、骨粗鬆症予防効果、抗動脈硬化作用、更年期障害の緩和などの健康にも良いと言われています。さらには、乳がんや前立腺がん等の予防にも効果があることから、体の健康を保つ上でも毎日欠かさず摂るべき栄養素であると言えるでしょう。

主な大豆製品は、豆乳、豆腐、おから、油揚げ、味噌、納豆、醤油、きなこなどがあげられます。

ビタミンCを取る

ビタミンCには、美容効果や美肌効果、老化防止などの効果があると言われており、女性にとっては必要不可欠な栄養素でもあります。また、このビタミンCには、胸を大きくするためにも、欠かすことのできない成分が含まれていると言われています。

それは、豊胸効果のあるコラーゲンを身体の中で作る際に、ビタミンCが大きく関わるからです。そのため、胸を大きくしたい人は、ビタミンCを積極的に摂取するようにしてください。

この他にも、ビタミンCには、ストレスを解消させる効果があると言われています。女性はストレスを感じることによって、女性ホルモンの分泌が妨げられてしまうおそれがあることから、ストレスを軽減させるためにも、ビタミンCは摂取するべき栄養素であると言えるでしょう。

ビタミンCを多く含む食材としては、レモン、オレンジ、ほうれん草、ブロッコリー、トマト、グレープフルーツ、ピーマンなどがあげられます。これらの食材を、普段の食事の際に積極的に摂るようにすると良いでしょう。

サプリを飲む

バストアップに効果的なサプリメントなどを活用するのも良い方法でしょう。バストアップの効果が期待出来るものとして有名なのが、「プエラリア」のサプリメントです。プエラリアとは、タイ北部やミャンマーの山岳地帯などの、亜熱帯地域に自生するマメ科の植物のことで、女性ホルモンに似た作用を持つ植物性のエストロゲン・イソフラボンが含まれていると言われています。

プエラリアに含まれる植物性のエストロゲン・イソフラボンの含有量は、なんと大豆のほぼ40倍であると言われているため、バストアップの効果がかなり期待できます。しかし、価格がやや高価であるため、続けるのには費用がかかるのが難点であると言えるでしょう。

また、プエラリアのサプリを飲む際には、生理周期をきちんと確認する必要があり、副作用として不正出血が起こってしまう人もいるため、服用する際には注意が必要です。もし、服用中に何らかの体の異変があった場合には、ただちに服用を中止するようにしてください。

姿勢を良くする

バストアップをしたい女性は、普段の姿勢にも気をつけるようにしてみましょう。なぜなら、猫背である人の場合には、胸骨が狭くなってしまうため、バストの形が崩れる原因となるからです。また、姿勢が悪いと体内の循環も悪くなるため、バストへの栄養供給が乏しくなってしまうおそれがあります。

さらに、姿勢が悪いと脂肪の付き方もかたよってしまうために、バストの形がキレイに整わなくなってしまいます。このようなことにならないためにも、座る時、立つ時、歩く時の各姿勢を、日頃から正しい姿勢でいられるよう心がけるようにし、きちんと胸骨を広げるようにしましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めないことも、バストアップと密接な関係にあります。女性ホルモンとは、じつはコレステロールからできていると言われており、コレステロールとはストレスが加わると、アルドステロンという物質に変化してしまうからです。

そのため、ストレスが多くなればなるほど、コレステロールがアルドステロンへと変化してしまうため、コレステロール不足となってしまい、女性ホルモンの分泌がが少なくなってしまうのです。このようなことから、日頃からストレスの多い生活をしていると、コレステロールが不足し、女性ホルモンの分泌が少なくなることから、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、バストアップをするような体内環境ではないため、胸の脂肪を増やすことは難しいと言えるでしょう。そのため、女性ホルモンの元となるコレステロールが、ストレスによりアルドステロンに変化しないためにも、日頃からストレスを溜めないようにすることが大切です。

きちんと睡眠をとる

きちんとした睡眠を適切な時間帯にとることも重要であると言えるでしょう。とくに重要な時間帯は、成長ホルモンの分泌が活発になる、22時~2時であると言われており、この時間帯に睡眠をとる必要があります。

成長ホルモンが分泌されている時間帯は、体のさまざまな組織が回復したり活性化をするために、バストアップの効果も期待出来る時間帯であるからです。このようなことから、睡眠にはホルモン分泌を活性化させる効果があるため、日頃からきちんとした睡眠をとるように心がける必要があるでしょう。

bカップからcカップになる方法

bカップからcカップになる方法は、1カップ上げるだけなので、そこまで大変なことではありません。そもそも、世の中の大半の女性は、自分の本来のバストサイズに合ったブラジャーをしていない人の方が多いからです。

自分のバストサイズに合っていないブラジャーをつけている人は、ほとんどの場合本来のサイズより下のサイズをつけていたり、バストの位置が下垂しているため、自分の本来のバストサイズにあったブラジャーに変えるだけで、1カップ大きくなる人が多いからです。

そのため、まずは自分の本来のバストサイズを知る必要があるので、下着屋さんへ行き、計測をしてもらうようにしましょう。そして、正しいバストサイズを知り、お店の人に自分に合うブラジャーを選んでもらうようにしましょう。最初のブラジャー選びは、プロの人にお任せした方が無難であるからです。

その際には、きちんと正しいブラジャーのつけ方なども、教わるようにすると良いでしょう。日頃から自分に合ったブラジャーをし、正しいブラジャーのつけ方をしていれば、自然と1カップくらいはすぐに増えるはずです。

bカップからdカップになる方法

bカップからdカップになる方法は、2カップアップさせなくてはいけないため、bカップからcカップにするよりも少し時間がかかるでしょう。この場合には、前述してきたようなバストアップの方法をいくつか組み合わせる必要があるからです。

必要な栄養素を取り入れたり、サプリメントを使用しつつ、基本的なバストアップのための作業を行うようにしてください。胸筋を鍛えたり、バストマッサージをしたり、寝るときもナイトブラをつけるなども、できれば同時に行うようにしましょう。

また、脂肪は形状記憶をするので、毎日いろいろな場所の脂肪をバストに寄せ集めるのも効果的です。その際には、ホールド力のあるブラジャーが必要であるため、可能であれば育乳ブラの専門店でブラジャーを購入するようにしてください。

育乳ブラ専門店であれば、自分の目標としているサイズを伝えれば、どの商品を使いどれくらいの期間つけていればその目標のサイズになるのかなどを、詳しく説明してくれるからです。また、育乳ブラは通常のブラよりも脂肪を胸に固定させることを目的として作られているため、ホールド力が全く違います。

価格もその分高めではありますが、何かあればブラジャーのメンテナンスなどもしてもらえるので、場合によってはお得である可能性もあります。

このようなことから、2カップアップしたいのであれば、体の中と外の両方からアプローチをすることが重要であると言えるでしょう。また、2カップ程度であれば育乳ブラをつけていれば、割と短期間でアップすることが多いので、一度専門店で相談をしてみることをおすすめします。

まとめ

Bカップについて、さまざまなことをご紹介してきました。Bカップの女性の多くは、もう少し胸を大きくしたい!と思う人も多いようですが、実際には日本人の平均的なサイズでもあり、洋服などをバランスよく着こなせる体型であることがわかりました。

また、男性の多くが大きな胸を好むと思われがちですが、実際のアンケートの結果によると、DカップやCカップが理想のバストサイズであることから、そこまでバストアップに励む必要がない女性も多いと言えるでしょう。また、バストサイズは地域により平均のサイズが異なると言われており、その理由は生活習慣や食生活であると言われています。

そして、バストアップには、日頃の正しいバストケアの知識が大切であるため、もし間違ったバストケアをしている女性は、即刻正しいバストケアを行うようにしてください。さらに、バストアップにはブラ選びがもっとも重要であるため、適当なサイズを自分で判断して購入するのではなく、きちんと下着屋さんで正しいバストサイズを計測し、自分の体に合ったブラジャーを選ぶ必要があります。

また、バストアップをしたい人は、日常的に胸筋を鍛えたり、バストマッサージをしたり、イソフラボンを摂取するなど、体の中と外からのアプローチをするようにしましょう。そして、バストアップには睡眠も重要であるため、成長ホルモンの分泌が活発になる22時〜2時までの間には、必ず就寝するようにしてください。さらに、もっと短期間でバストアップしたい!という人の場合には、育乳ブラ専門店のブラジャーをつけることをおすすめします。