Bカップの胸の大きさを気にしたことはありますか?多くの人は一般的なカップ数のイメージでBカップ=小さいというイメージを持っています。しかし、実際にはBカップでも人によって見た目が大きく異なるのです。胸の大きさの仕組みを知ってBカップの大きさがどのくらいなのかを把握しましょう。

Bカップってどのくらい!?このサイズは小さいって本当なの!?

「Bカップ=胸が小さい」と考えている人が多い

Bカップの胸がどのくらいの大きさなのかを把握していますか?多くの人は、一般的なカップ数の大きさのイメージによって「Bカップ=小さい」というイメージを持っています。また、女性の中には「自分がBカップだから貧乳だ」と考えている人も少なくないです。Bカップ=小さいと考えているのは女性だけではなく男性も同じです。

しかし、胸の大きさはカップ数だけでは決められません。多くの人が知らない胸の大きさのカラクリがあるのです。そのため、Bカップでも比較的大きな胸だという見た目の人も少なくないです。反対に自分は胸が小さいというイメージだけで、なんとなくBカップくらいだろうと考える女性も少なくないです。Bカップの大きさがどのくらいなのかをさまざまな視点から見てみましょう。

Bカップの大きさをしっかりと把握した上で「多くの男性が求めている胸の大きさ」を把握しておきましょう。自分がBカップだからと必要以上にコンプレックスを感じる必要はありません。またBカップだから胸が小さいという訳ではないのです。胸の大きさの仕組みを知って、自分の胸に自信が持てるようになるといいです。

Bカップの重さってどのくらい!?カップ数が大きくなると重くなる!

Bカップは片胸で約140gの重さになる!

Bカップの重さがどのくらいなのかを気にしたことがある人は少ないです。カップ数が大きくなると重さから「痛みを感じる」「毎日のように肩こりに悩まされる」などのことから、重さを気にする女性もいます。しかし、Bカップであれば生活の中で「自分の胸が重い」と感じることも少ないのです。まずはBカップの胸の重さを把握しましょう。

Bカップの胸の重さは両胸で約280g程度あります。これは生まれたばかりのモルモット2匹分の重さです。この例えは、イギリスの下着メーカーが考案した胸の重さの例えなのです。簡単に言えば、両胸にモルモットの赤ちゃんを抱えている状態です。ただ、モルモットの赤ちゃんは日本ではそれほど親しみが少ないです。

両胸が約280gの重さということから、片胸は約140gだと考えられます。これを日本人にわかりやすいもので例えると柿と同じくらいになると判断できます。Aカップでは片胸で約70g、Cカップでは約250g、Dカップでは約390g、Eカップでは約500g、Fカップでは約810gです。

このカップ数による胸の重さの計算は、胸を半球型として考えた時の体積の重さによる計算です。そのため、人によっては胸の形などによって自分の胸の重さは異なることもあります。自分の胸の重さはボウルにぬるま湯をぎりぎりまで入れて、自分の胸をその中に入れた時に溢れた水の量から計算できます。おおよその重さになりますが、この時にこぼれた水が胸の重さです。

Bカップの大きさってどのくらい!?一般的なカップ数の計算方法は?

胸のサイズはアンダーバストとトップバストの差で決まる!

胸のカップ数は、バストサイズだけでは決まりません。アンダーバストとトップバストの差が何センチあるのかによって決まるのです。

アンダーバストとトップバストの差が10cmである時にはAカップ、12.5cmの時はBカップ、15.0cmの時はCカップというように2.5cmごとに胸のカップ数が変わります。そのため、どれだけ見た目が大きくてもアンダーバストとの差が少ない時にはAカップやBカップになることもあります。

また、反対に見た目が小さくてもアンダーバストが細い人はカップ数が大きくなるのです。そのため、しっかりと自分の胸のサイズを測らないと正確な胸のサイズをすることが出来ません。胸の大きさはアンダーバストで決まると言っても過言ではありません。アンダーバストは、65、70、75、80、などと人によって異なります。

Bカップはアンダーバストによって大きさが異なる!?

胸の大きさは質量によって変わるといっても過言ではありません。胸の質量が大きくなると胸が大きく見えるという訳なのです。Bカップとってもアンダーバストのサイズによって「Bカップアンダー65」「Bカップアンダー70」などいくつかのサイズに分類できます。他のサイズの胸の大きさとそれぞれのBカップの大きさを比較してみましょう。

Bカップアンダー65の場合では、同じ大きさに見える胸のサイズは「AAカップアンダー75」「Aカップアンダー70」です。Bカップアンダー70の場合では「AAカップアンダー80」「Aカップアンダー75」「Cカップアンダー65」と同じ大きさになります。このことからカップ数がBカップでも見た目がAAカップやAカップと小さいイメージを持たれることもあります。

Bカップアンダー75の場合には「Cカップアンダー70」や「Dカップアンダー65」と同じ大きさです。また、Bカップアンダー80の場合では「Cカップアンダー75」「Dカップアンダー70」「Eカップアンダー65」と同じ見た目の大きさになります。このことからBカップでも多くの人が巨乳だと感じているEカップの見た目をしていることもあります。

アンダーサイズが小さくなることで、実際の胸のサイズよりも小さいイメージを持たれる可能性が高いという訳です。反対にアンダーバストがあると実際のカップ数よりも大きな胸だと思われます。

何故アンダーバストによって見た目の大きさが変わるの!?

アンダーバストのサイズによって同じカップ数でも、胸の見た目の大きさが変わることに疑問を感じる人も多いかと思います。なぜアンダーバストのサイズによって見た目が異なるのかを簡単に説明します。アンダーバストが小さくなると同じ胸の大きさでも前に突き出るような形になります。反対にアンダーバストがあると横に広がるような形になるのです。

これを簡単に説明すると「アンダーバストが小さい=底が狭くて高さがあるマグカップ」「アンダーバストがある=底が広くて高さがないマグカップ」と同じ状態なのです。実際に入るコーヒーの量は変わらなくても、見た目によってイメージが異なります。多くの人は高さがあるマグカップに対して「たくさん飲み物が入っている」というイメージを持ちます。

このように、同じ重さでも形によって見え方が変わるということになります。そのため、Bカップだから小さく見えると一概に決めつけることは出来ないのです。反対にEカップでも底が広くて高さがないマグカップのようになれば、胸は比較的小さく見えます。

多くの男性が求めている胸の大きさはどのくらい!?

胸は男を落とす武器にもなる!?理想的な大きさはCカップ!

自分が好きな男性に好印象を持ってもらいたいと考える女性は少なくないです。誰しもが自分の好きな人に振り向いてもらいたいという気持ちを抱えています。この時に多くの男性は「自分の好みの容姿なのか」「内面的な魅力があるのか」を考えます。中には容姿は気にしないという人もいますが、これはあくまでも「最低限自分の好みのタイプである」ことが条件なのです。

また、多くの男性は女性を見る時に「胸」に注目します。そのため、自分が理想としている女性の胸の大きさも考慮されることもあります。このことから、胸は男性を落とす1つの武器になることもあります。自分の胸を男性を落とす武器にできるように、多くの男性の理想の胸のサイズをしっかりと把握しましょう。

男性に行った「理想の胸の大きさはどのくらい?」というアンケート結果では、「Aカップが3%」「bカップが13%」「Cカップが48%」「Dカップが22%」「Eカップ以上が14%」です。この結果から多くの男性はCカップの胸の大きさを理想としていることがわかります。男性は大きな胸に魅力を感じると考えている人もいます。

しかし、実際には大きくもあなく小さくもない胸の大きさを理想としていることが多いのです。また、日本人女性の多くはBカップやCカップのサイズです。そのため、日本人の平均的な胸の大きさであれば十分に武器に出来ると判断できます。

日本人の平均的な胸のサイズはどのくらい!?

日本人に多い胸のサイズはBカップやCカップ!

2012年にエルシーラブコスメティックの「都道府県みんなのバストサイズ」という調査が行われました。これはSNSなどでも話題になったため知っている人も多いかと思います。この調査では全国47都道府県の女性に対してバストサイズのアンケートを取ったものです。また、この結果から各都道府県別に平均的なバストサイズを算出しています。

この調査結果で、日本人のバストサイズで最も多いのはBカップで、次に多いのはCカップであるということが分かりました。県内の女性の平均バストサイズがBカップであるという県は、全国に18県もあったのです。

ちなみに、平均サイズがCカップであった県は17県ありました。この2つを合わせると全体の約75%を占めていると判断できます。多くの女性はCカップ以上の胸を理想としています。しかし実際にはBカップやCカップの女性がほとんどなのです。また、日本人女性の平均的な胸の大きさはBカップからCカップだと考えられています。

また、下着メーカーなどではこの結果を基準としてブラジャーの生産を行っています。そのため比較的BカップやCカップサイズのブラジャーの種類が豊富なのです。反対に胸のサイズが大きくなると徐々にブラジャーの種類が限られてきます。また一般的にはCカップを基準として「胸が大きい」「胸が小さい」を判断することが多いです。

都道府県別の平均的なサイズ

Aカップ:埼玉

Bカップ:北海道・青森・岩手・秋田・山形・栃木・群馬・千葉・神奈川・長野・静岡・兵庫・山口・高知・大分・佐賀・長崎・熊本

Cカップ:茨城・東京・富山・石川・愛知・滋賀・三重・和歌山・鳥取・島根・香川・愛媛・徳島・福岡・宮崎・鹿児島・沖縄

Dカップ:宮城・福島・新潟・山梨・福井・奈良・大阪・岡山・広島

Eカップ:岐阜・京都

生活習慣や食生活が胸の大きさと関係している!?

県ごとに、女性の胸の大きさの平均値は大きく偏っているようです。では、なぜそのような偏りが出てきてしまうのでしょうか。女性の胸の大きさの平均がEカップだった、京都府や岐阜県と、平均がAカップだった埼玉県では、一体何が違うのでしょうか。

専門家の意見としては、生活習慣などが影響しているのではないかと言われています。胸の大きくするためには、女性ホルモンと成長ホルモンの分泌が重要と言われていますので、生活習慣によってこのホルモンが分泌しやすい、分泌しにくいなどがあるのではと言われています。

京都府や岐阜県の女性は、胸の成長に効果のある大豆や、鶏肉をよく食べるそうです。また、心穏やかに生活している人が多く、ストレスをあまりため込まない人が多いということです。逆に埼玉県の女性は環境的に、通勤や通学に時間がかかったりと、ストレスを抱えやすい生活を送っているのではということです。喫煙率が高いことも影響しているかもしれません。

このように女性の胸の成長には生活習慣や食生活が大きく関係していると判断できます。自分の胸を今よりも成長させたいという時には、まず自分の生活習慣を見直して改善する努力を行いましょう。生活習慣や食生活が乱れていれば、どんな努力をしても水の泡になります。「夜更かしはしない」「ストレスを溜めない」などの基本的なことが大切です。

Bカップは日本人の平均的な胸のサイズでもある!

このようにBカップの胸の大きさは、一概にBカップだからこのくらいと判断は出来ません。見た目の大きさはアンダーバストのサイズによっても異なるのです。ただ、Bカップの重さとしては約280gと考えることが出来ます。さまざまな視点から見たBカップのサイズを参考にして、自分の胸のサイズをしっかりと把握しましょう。

自分はBカップだからといってコンプレックスを感じる必要はありません。日本人女性の多くがBカップやCカップの大きさだという事を忘れないでください。このことからBカップの大きさは比較的平均的胸のサイズだと考えることも出来ます。自分の胸に自信が持てるように、毎日しっかりとケアをしましょう。胸は努力次第でサイズアップさせることも十分に可能です。