髪が少ないことが悩みという女性は多いですよね。そこで今回は、髪が少ない人でも似合うヘアスタイルやアレンジ方法をご紹介!今日から簡単にできる薄毛カバーのテクニックなども解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。また、髪が少ない原因やその対策についても詳しく解説していきます。

髪が薄い・少ない人の髪型とヘアアレンジ!

最近、男性と同じく薄毛に悩む女性が増えていると言われています。昔から「髪は女の命」とされ、髪が少ないことに悩んでいる女性は少なくないはず。

そこで今回は、髪が少ない女性でも似合う髪型やヘアアレンジ、今日からできる簡単な薄毛カバーテクニックなどをご紹介!また、根本的な解決を目指して薄毛の原因と対策・予防法なども解説していきます。

髪が少ない原因とは?

そもそも、髪が少ない原因とは何なのでしょうか?

ストレスや睡眠不足

ストレスによって自律神経が乱れ、頭皮の血行不良が起こると髪の毛に十分な栄養が送れなくなってしまいます。

また、睡眠不足によって成長ホルモンがうまく分泌されないことも薄毛や抜け毛の原因に。成長ホルモンの分泌量が多いほど、髪も丈夫で健康になると言われています。

過度なダイエットによる栄養不足

過度なダイエットや食生活の乱れによって栄養が不足すると、髪の毛にも十分な栄養が行き届かなくなります。特に髪の毛は生命維持の観点から他の臓器に比べて優先度が低いため、栄養状態が十分でないと抜け毛が起きたり髪質が悪くなりやすいようです。

紫外線などのダメージ

肌の紫外線対策はしていても、髪にまで気を遣っているという人は少ないですよね。紫外線を浴びると、髪を作っているたんぱく質が変形してキューティクルが剥がれやすくなったり、頭皮の日焼けによって乾燥や炎症を起こしやすくなると言われています。

加齢によるホルモンバランスの変化

加齢によるホルモンバランスの乱れも髪の毛の成長に関係しています。特に毛髪と深い関係がある女性ホルモンは30代以降から減少し始めるため、年を取ると男性だけでなく女性も薄毛や抜け毛に悩む人が増えると考えられています。

髪の少なさをカバーする方法は?

薄毛や抜け毛の原因がわかったところで、まずは簡単に髪の少なさを隠す方法について解説します。

定期的に分け目を変える

いつも同じ分け目にしていると、その部分の頭皮が硬くなって毛髪の成長を妨げてしまう恐れがあります。頭頂部の髪の毛が少ない人は、定期的に分け目を変えるのがおすすめです。

分け目を急に変えると生え癖によって髪が立ち上がってしまうかもしれませんが、それを利用してボリュームアップを狙いましょう。イメチェンや気分転換にもなって一石二鳥!

ドライヤーで髪の根元を起こす

髪を乾かす時は、なるべくドライヤーで根元を起こすようにしましょう。

髪をある程度乾かしたら、つむじに両手の指を入れて根元の髪をしっかりと起こします。起こした髪を左右交互に倒しながらドライヤーを当て、下から上へ軽くしごくように乾かしてください。この時、髪を引っ張りすぎるとダメージを与えてしまうため優しく行いましょう。

髪が少ない女性におすすめのヘアスタイル

続いて、髪が少ない人におすすめのヘアスタイルを長さ別にご紹介していきます。

丸みのあるショートヘア

可愛らしさと大人っぽさを兼ね備えた丸みのあるマッシュショート。トップを少し短めにして、ふんわりとしたスタイルになっています。サイドの髪を耳にかけずに下ろすと、ひし形のシルエットができるのでよりトップにボリュームが出て見えます。

ウェーブがかったミディアムボブ

ゆるくウェーブがかった前下がりの大人ボブ。髪の少ない女性がロングヘアにすると、どうしても重心が下がって髪が薄く見えがちに。ミディアムボブであれば比較的ボリュームアップしやすく、髪が少ない女性にぴったりのヘアスタイルです。

ロングヘアはパーマで華やかに

髪が少ないけどロングヘアにしたい!という人は、表面にあまり段を入れないスタイルにするとボリュームアップ効果が狙えます。全体にパーマをかければ、より華やかで女性らしい雰囲気に。

前髪は「重めバング」がベスト!

前髪は重め&厚めのフルバングにするのが薄毛カバーの秘訣!頭頂部には髪があるのに生え際の髪が少ないという人には特におすすめです。

前髪を分ける場合もセンターパートにすると薄毛が目立ちやすいので、「1:9」や「2:8」くらいの割合にするとボリュームアップして見えます。

髪が少ない女性におすすめのヘアアレンジ

ここからは、髪が少ない女性におすすめのヘアアレンジ方法をご紹介します。

まとめ髪・おだんごとも相性◎なターバン

ターバンやヘアバンドは髪が少ない女性の救世主!難しいテクニックも必要なく、巻くだけで簡単に薄毛を隠せてお洒落に決まります。くるりんぱやお団子と組み合わせて様々なアレンジを楽しんでみてはいかが?

前髪をポンパドールにするのもおすすめ

前髪はあるのに頭頂部の髪が少ないという人は、ポンパドールにするのもおすすめです。前髪を立ち上げることで自然に頭頂部がカバーでき、なおかつ爽やかな雰囲気に。

編み込みやねじりで立体感を

三つ編みや編み込み、ねじりなどを加えて立体感を出すと髪の少なさが目立ちにくくなります。ただし、きっちり結ぶと余計に薄毛が目立つので要注意!髪が少ない人のヘアアレンジは、あえてルーズにして「こなれ感」を演出するのが鉄則です。

まずヘアアレンジをする前に、髪全体をゆるく巻いてボリュームを出します。髪をまとめた後は、髪全体がふわっとしたシルエットになるよう適度に後れ毛を出しましょう。

紫外線対策にもなる帽子

ヘアアレンジが苦手な人は、帽子で髪の少なさをカバーするのも一つの方法。特に日差しの強い日は紫外線が髪や頭皮にダメージを与えてしまうため、髪を守るという意味でも帽子はおすすめです。

ただし、頭部の蒸れも薄毛の原因になりやすいため、なるべく通気性が良い素材を選びましょう。

薄毛対策に効果的な方法は?

最後に、根本的な対策として髪や頭皮を健康に保つ方法について解説していきます。

たんぱく質や亜鉛を摂取する

髪を健康的に保つためには、栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。特に重視したいのは、たんぱく質や亜鉛、ビタミン類など。

髪の主成分である「ケラチン」はたんぱく質の一つであり、亜鉛にはケラチンの合成を促進する働きがあります。亜鉛は牡蠣や牛肉、レバー、チーズやナッツ類などに含まれ、特に不足しやすい栄養素なので積極的に摂りましょう。

ビタミン類の中では、頭皮の健康を保つビタミンAや、毛根にある毛母細胞の働きを活発化させるビタミンB2・B6などがおすすめです。

また加齢による薄毛の可能性がある場合、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを摂取するのも効果的。イソフラボンは味噌や納豆、豆腐といった大豆製品に多く含まれています。

規則正しい生活を送る

ケラチンは、アルコールやたばこ、不規則な生活などによっても減少すると言われています。薄毛や抜け毛を予防するには、規則正しい生活を送ることも重要です。

特に、毛髪を育む成長ホルモンを分泌させるには質の良い睡眠が必須!夜はなるべく早く寝て、生活リズムを整えましょう。

マッサージで頭皮の血行を改善!

髪に必要な栄養素を摂っても、頭皮の血行が悪いと栄養素が十分に行き届かなくなってしまいます。頭皮マッサージで血行を改善し、発毛・育毛を促進しましょう!

<頭皮マッサージのやり方>
1.頭の左右両側に手を当て、指の腹で頭皮を下から上に押し上げる

2.同じように前頭部・後頭部の頭皮を押し上げる

1と2の動作を数回繰り返せば完了です。あまり強く擦ると刺激になってしまうため、優しく行ってください。

規則正しい生活で健康的な髪に!

髪が少ない女性に似合うヘアスタイルやアレンジの方法をご紹介してきました。分け目を変えたりドライヤーの当て方を工夫するだけでも髪の少なさをカバーできるので、ぜひ今日から試してみてくださいね。

根本的な対策としては、規則正しい生活を送ることがとても重要です。栄養バランスの良い食事を摂って、髪を健康的に保つよう心がけましょう!