重曹と違い、クエン酸で掃除をすることができるのをご存じの人は、じつは少ないのではないでしょうか。クエン酸は重曹と並びエコでナチュラルであることから、掃除に使用する人も増えていると言われています。今回は、このクエン酸を使った掃除の仕方についてを詳しく調べてみました!クエン酸を使って掃除をしてみたいと思ってる人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

掃除に活躍 クエン酸の使い方

クエン酸が掃除に大活躍するということを、みなさんご存知でしょうか?同じ掃除に使うエコなものでも、どちらかといえば、重曹の方がよく知られているかもしれません。また、クエン酸とは、梅干しやレモンなどに含まれている成分であるということしか、知らない人も多いのではないでしょうか。

じつは、このクエン酸は、家の中の掃除に大活躍するエコでナチュラルな物質なのです。使い方も重曹とほぼ同様であり、安価にどこでも手に入れることができるので、これからの掃除に使ってみたいと思う人は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

クエン酸の成分やクエン酸水の作成の仕方、クエン酸水を使った掃除方法など、生活に役立つクエン酸の使い方を詳しく解説していきます。

クエン酸・重曹・セスキの違い

アルカリ度

重曹・セスキの違いとは、アルカリ度の違いで分けられていると言われています。そのため、汚れの種類によって使い分けるのが一般的であると言われています。重曹とセスキ炭酸ソーダは、どちらもサラサラとした粉状であるためとても似ていますが、重曹よりもセスキ炭酸ソーダの方が、アルカリ度が高いために、洗浄力が高いと言われています。

一方、クエン酸は、重曹とセスキ炭酸ソーダとはまったく別のものであり、弱酸性であるためカルキ汚れや尿石など、アルカリ性の汚れに効果を発揮すると言われています。

溶けやすさ

また、重曹とセスキ炭酸ソーダは、溶けやすさもまったく違うと言われています。セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいのに対し、重曹は水に溶けにくいため、重曹の場合にはペースト状にし、クレンザーとしてステンレスを磨くのに向いていると言われています。

汚れの落ちやすさ

クエン酸・重曹・セスキの中でも、セスキ炭酸ソーダが一番汚れを落としやすいものであると言われています。クエン酸・重曹・セスキ炭酸ソーダは、アルカリ性であるため、酸性の汚れを中和して落とすことができます。酸性の汚れとは、油汚れや鍋の焦げ付き、排水口の汚れ、などがあります。また、カーペットなどに撒くだけで臭いを吸収してくれるという効果もあります。

そして、その中でも、セスキ炭酸ソーダは、重曹に比べて水に溶けやすく、アルカリが重曹の10倍の強さであるため、汚れを落とす力が強いと言われています。さらに、洗浄力はあるものの手荒れの心配などはないため、とても使いやすいことから、最近は注目を集めていると言われています。また、変質もしにくいので、常温でも長期保存できるのもポイントです。

クエン酸の効果

水垢の分解作用

クエン酸はキッチンの水回りやお風呂、トイレなどの掃除に役立つと言われています。なぜかというと、トイレやお風呂、キッチンといった水回りの汚れ(洗剤の残滓や水あかなど)がアルカリ性であるのに対して、クエン酸は酸性だからです。アルカリ性+酸性=中性ということで、中和して汚れを落とすのにクエン酸は最適という訳です。

また、クエン酸と重曹を組み合わせて使うと、さらに効果的であると言われています。一緒に使うことにより泡が出ますが、その泡が汚れをグングン落とす効果があるのです!

また、お風呂掃除の場合には、皮脂や汗が溶け出したお湯は「酸性」なので重曹を使い、洗い場の石鹸カスなどは「アルカリ性」であるため、クエン酸をというように、使い分けるとより掃除が楽になると言われています。

消臭効果

クエン酸は、無臭で水に溶けやすいという性質を持ち、アルカリ性の汚れを分解する働きがありますが、アルカリ性の悪臭も分解することができます。そのため、クエン酸で消臭スプレーを作ることができます。

このような、クエン酸の消臭スプレーは、排水口やトイレの嫌な匂い対策などに使用することができると言われています。その際には、精油などを加えて香りをつけるとより使いやすく、精油の種類によってはさらに殺菌効果などが増すためおすすめです。

抗菌効果

また、クエン酸には、抗菌効果もあると言われています。雑菌の繁殖を防ぐ効果があるため、カビなどが多く繁殖しそうな場所に使うと有効であると言われています。そのため、湿気の多い浴室などにクエン酸スプレーをしておけば、カビの繁殖を防ぐことができます。

掃除用クエン酸スプレー作成法

水にクエン酸を溶かす

掃除用のクエン酸スプレーを作るには、まずは粉末のクエン酸を水に溶かしてください。作り方は、以下のようになります。

・クエン酸スプレー作成法
水200mlに小さじ1〜2杯のクエン酸をよく溶かします。

汚れがひどい場合には、クエン酸の量を調節し、濃度を濃くして使うようにしてください。

お掃除も楽しみながらやりたいという方には精油もおススメです。香りのよい精油をブレンドすることで、気分良く掃除ができますし、中には菌を殺してくれるような精油もあります。掃除に使う場合にはミント系の精油が最適であると言えるでしょう。

スプレーボトルに入れ使う

クエン酸と水・精油をよく混ぜ合わせたら、スプレーボトルに入れましょう。このとき、ロートがあると便利です。ボトルに入れてキャップを付けたら、再度よく振ってクエン酸を溶かすようにしてください。

クエン酸スプレーが完成したら、台所のシンクや三角コーナー、トイレや洗面所、食卓やフローリングの汚れから風呂まで、掃除をしたい場所にスプレーしましょう。

クエン酸掃除 台所編

シンク

料理人の世界では、水周りをキレイに維持できない料理人は腕が上がらないなんて言われますが、そうでなくてもピカピカのシンクって気分がいいものですよね。シンクに飛び散った水をそのまま放置していると、水道水に含まれている成分によって石のように固くなってしまいます。

こういった汚れにはクエン酸スプレーの出番です。一般的な洗剤ではなかなか落とすことのできない頑固な汚れも、クエン酸を使えばラクラク掃除をすることが可能ですよ。シンクの掃除をするには、まずは全体的にクエン酸を吹きかけて、スポンジなどでゴシゴシと拭いて掃除をすると良いでしょう。

その程度では歯が立たない頑固な汚れに対しては、クエン酸水を吹きかけたらしばらく放っておくか、またはキッチンペーパーなどにクエン酸水をしみ込ませたものを貼り付けておきましょう。2時間から3時間ほどしたら、通常通り拭き掃除をするか、貼り付けたキッチンペーパーごと拭きとってしまいましょう。

蛇口などの細かい隙間がある部分には、古い歯ブラシを使うと便利です。また、排水溝を掃除する時には、洗剤などで一度掃除をした後に仕上げとしてクエン酸スプレーを吹きかけると消臭・除菌効果があります。

換気扇

クエン酸スプレーで換気扇の掃除をするには、以下のような手順で進めるようにしましょう。

1.まず、外せる部品はすべて取り外し、シンクに二枚重ねのゴミ袋を置いて中にお湯(50℃~60℃)を入れてます。
2.1に重曹(カップ1)を入れ、部品やファンを1~2時間浸けおきします。
3.その後、歯ブラシなどで汚れを落とせば、あっという間に綺麗になります。

取り外しができない場所やレンジフードは、クエン酸スプレーや重曹スプレーをふりかけたり、重曹水を含ませたキッチンペーパーで汚れを浮かせると綺麗に取れるでしょう。

アルミ鍋

アルミ鍋の黒ずみも、ビックリするくらいよく落ちるんです!アルミ鍋を掃除する場合には、水1リットつにつき、大さじ1/2のクエン酸を入れるようにしてください。ただし、鉄鍋に大しては行わないようにして下さいね。やり方は本当に簡単で、クエン酸を入れた水を煮立たせるだけです。

食器洗い機

食器洗い機って確かに便利なんですけど、構造上、お掃除がなかなか大変なんですよね。乾燥機能までしっかり使うと良いのですが、水が残ってしまうとやはり頑固な汚れになって残ってしまうこともあります。そんな時にもクエン酸の登場です。お掃除の仕方も本当に簡単。クエン酸を大匙に4杯ほど入れて食器洗い機を回すだけです。

ポット

電気ポットの内側についた白い汚れは、カルシウムなどが付着したものであるため、人体に害はありませんが、汚れであることには違いありません。このような、普段掃除のしづらい電気ポットや電気ケトルの中の黒ずみや水垢も、クエン酸を使えば簡単に汚れを落とすことができます。

アルミの鍋を洗うと区と同じ要領で、水1リットルにつき大さじ1.5ほどのクエン酸を加えてスイッチをオンするだけです。ちなみに使用する際には一度お湯を沸かして捨ててからもう一度新しい水を湧かして下さいね。

クエン酸掃除 便所編

タンクの水受け

トイレタンクの水受けの水垢や黒ずみも、クエン酸を使えばキレイに落とすことができます。シンクを掃除する時にはキッチンペーパーにクエン酸をしみ込ませたものを張りつけましたが、トイレタンクの水受けを掃除する時には、トイレットペーパーを用いて掃除すると良いでしょう。

1.クエン酸スプレーをトイレットペーパーにスプレーし、トイレタンクの水受けに置いてください。
2.15分ほど放置して、浮き上がった汚れを洗い流します。こびりついて取れない水垢は、目の細かいサンドペーパーを使って落とすようにしましょう。また、水受け部分のクエン酸は、しっかり拭き取ってから水を流すようにしてください。

ただし、トイレタンクの中をクエン酸で掃除することはできないので、注意してください。なぜなら、酸性のクエン酸が内部の部品を痛めてしまう可能性があるからです。そのため、クエン酸で掃除ができるのは水受け部分だけであることを、きちんと認識した上で掃除をするようにしてください。

壁と床

トイレの床もクエン酸水を撒いてトイレ用のペーパーなどでふき取るようにすると良いでしょう。先程と同様、クエン酸水をしみ込ませたトイレットペーパーをしばらく貼り付けておいて、その後ペーパーと一緒に拭きとってしまうのも効率的で良いですよ。

ちなみにトイレの尿臭はアルカリ性のアンモニアが原因となっているので、ここでもクエン酸は強い効力を発揮して、臭いの元も絶ってくれるんです。

また、壁にも飛び散りなどで汚れがついているため、クエン酸水を含ませた雑巾やトイレットペーパーで汚れを拭き取るようにしましょう。掃除するだけでなく、臭いが気になるような場合には、消臭・抗菌効果も兼ねて、壁や床にクエン酸スプレーをふりかけるようにするのも効果的です。

便器

トイレの便器の汚れにも、クエン酸は大活躍。掃除のやり方はもう分かっていますよね。トイレットペーパーにクエン酸水をしみ込ませて、しばらく湿布しておきましょう。その後、ペーパーと一緒に拭きとって流してしまえば、キレイになるし楽だしで一石二鳥です。

便器の汚れもアルカリ性なので、クエン酸は相性がバッチリなんですね。消臭効果もあわせると一石三鳥にもなります。また、ブラシの届きにくいふち裏についた汚れは、ゴム手袋をはめ指にペースト状のクエン酸をつけてこすると、キレイに落とすことができます。

ペットのトイレ

ワンちゃんやネコちゃんのトイレ掃除にもクエン酸は使えますよ。アンモニアの尿臭に対しても、クエン酸の中和効果が働いて臭いの解消につながります。基本的に掃除の方法は何も難しいことはありません。ただトイレにクエン酸を散布してゴシゴシと拭き掃除をするだけです。

もし汚れがひどいような時には、お風呂のお湯に漬け洗いをするのもよいでしょう。また、ワンちゃんのトイレシートやネコちゃんのトイレ砂も臭いが気になるところですよね。それらにも使用前にクエン酸を散布しておくことで、尿臭を軽減することが可能ですよ。

クエン酸掃除 風呂編

床の汚れにもクエン酸スプレーの出番です。一般的な洗剤ではなかなか落とすことのできない頑固な汚れも、クエン酸を使えばラクラク掃除をすることが可能ですよ。フローリングの掃除をするには、まずは全体的にクエン酸を吹きかけて、雑巾などでゴシゴシと拭いて掃除をすると良いでしょう。

その程度では歯が立たない頑固な汚れに対しては、クエン酸水を吹きかけたらしばらく放っておくか、またはティッシュペーパーなどにクエン酸水をしみ込ませたものを貼り付けておきましょう。2時間から3時間ほどしたら、通常通り拭き掃除をするか、貼り付けたティッシュペーパーごと拭きとってしまいましょう。

鏡の汚れにもクエン酸スプレーが活躍しますよ。普段から水滴を拭き取るようにしておけば良いのですが、なかなかそこまでできませんよね。この場合の掃除法も基本的には他の場所と一緒です。、まずは全体的にクエン酸を吹きかけて、スポンジなどでゴシゴシと拭いて掃除をすると良いでしょう。

その程度では歯が立たない頑固な汚れに対しては、クエン酸水を吹きかけたらしばらく放っておくか、またはティッシュペーパーなどにクエン酸水をしみ込ませたものを貼り付けておきましょう。2時間から3時間ほどしたら、通常通り拭き掃除をするか、貼り付けたティッシュペーパーごと拭きとってしまいましょう。

風呂桶・椅子

風呂桶や椅子にもクエン酸スプレー!この場合には、浴槽で漬け置き洗いすると良いでしょう。一般的な洗剤ではなかなか落とすことのできない頑固な汚れも、クエン酸を使えばラクラク掃除をすることが可能ですよ。しばらく放置しておいて汚れが浮かんできたら、ブラシなどを使ってゴシゴシと磨きあげましょう。お風呂の風景がよくなると思いますよ。

シャワーヘッド

シャワーヘッドを洗う際も、今までの基本技を応用しましょう。まずは全体的にクエン酸を吹きかけて、スポンジなどでゴシゴシと拭いて掃除をすると良いでしょう。その程度では歯が立たない頑固な汚れに対しては、クエン酸水を吹きかけたらしばらく放っておくか、または漬け置き洗いをしてしまいましょう。シャワーヘッドがきれいになると、毎日のお風呂も気分が良いですよ。

意外と盲点なのがお風呂の扉です。気がつくとほこりがたまっていたり、こびりついて取れなくなったりします。この場合も地道にクエン酸スプレーを散布してゴシゴシこするのもいいですが、やはりクエン酸をしみ込ませたティッシュを貼り付けておくのが効果的です。

もう何度も説明しているのでお分かりのことと思いますが、ちょっとした汚れの場合にはクエン酸スプレーをして拭きとる、頑固な汚れにはペーパー類にクエン酸をしみ込ませて貼り付けておく、浴槽に入る程度のものであれば漬け置き洗いをするというのが基本です。

クエン酸掃除 洗濯機編

洗濯槽

洗濯層って意外と汚れるんですよね。通常の洗濯洗剤を使っていると、だんだんと洗剤のカスがたまっていってしまいます。また、洗濯層専用の洗剤もあるのですが、これらはカビを取ることを主な目的としているため、洗濯洗剤によるカスに対しての効力は不十分です。そこで我らがクエン酸の出番という訳です。

といっても、お掃除の方法はとても簡単です。いつもの洗濯層専用の洗剤で掃除をした後に、お風呂のお湯などを利用して、クエン酸と一緒に洗うだけです。ここでもやはり漬け置き洗いの発想で、お湯を入れたら次の日まで放置しておきましょう。その後、朝になったら選択ボタンを押してオシマイです。

クエン酸掃除 居間編

壁掃除にもクエン酸を用いることが可能です。木目などだったらそのままクエン酸を吹きかけてゴシゴシと掃除すると良いでしょう。そうでない場合には、スポンジなどにクエン酸を少量しみ込ませて、汚れの部分をトントンと叩くようにして汚れを浮かしてから乾いたぞうきんなどでふき取りましょう。

タバコを吸う人が家族にいる場合、付着してしまったヤニを取るのにもクエン酸は効果的です。ぜひ喫煙者本人にやってもらって下さい。クエン酸スプレーを吹きかけるとヤニがドロドロと溶けて浮き出してくるのが分かると思います。そしたら、「あなたの肺もこうなっているんだよ」とスルドイ突っ込みを入れてあげましょう。

加湿器

加湿器は通常、いくつかのパーツに分けることができると思います。加湿器の掃除にも、クエン酸掃除法の基本である、ちょっとした汚れの場合にはクエン酸スプレーをして拭きとる、頑固な汚れにはペーパー類にクエン酸をしみ込ませて貼り付けておく、浴槽に入る程度のものであれば漬け置き洗いをするということが適用されます。

フィルターに関しては、使い捨てのものであればもちろん洗う必要はありませんが、何度も洗って使うタイプの場合は、漬け置き洗いをすると楽チンでいいですよ。その他の部分に関しては、汚れの程度に応じて、ゴシゴシこすって洗ったり、ティッシュペーパー湿布法を試してください。

細かい部分の汚れはクエン酸をしみ込ませた歯ブラシなどで洗うようにすると良いでしょう。こうしてピカピカになった加湿器を使えば、なんとなく風邪予防の効果も上がりそうですよね。

クエン酸掃除の注意点

鉄に使用すると錆びる

クエン酸は酸性です。酸性+鉄=なんですか?そう、サビですね。金属製のものにクエン酸スプレーを用いてしまうとサビの原因となってしまいます。もし、金属製品に強力な汚れがついていて、どうしても落としたいという時には、クエン酸を含ませたぞうきんなどでゴシゴシこすって、すぐに乾いた布でふき取りましょう。ただ、見た目を重視している金属製品には行わない方が得策です。

大理石には使えない

小学校の頃に、二酸化炭素を発生させる理科の時間の実験でやったことがあるかもしれませんが、炭酸カルシウムに塩酸を反応させると、塩化カルシウムと水、 そして二酸化炭素が生じるんですよね。そして発生した二酸化炭素に、火のついたろうそくを近づけると、「おお、火が消えた」なんて、懐かしいなあ。

それはともかく、大理石の主な成分は炭酸カルシウムなので、酸であるクエン酸をかけてしまうと、大理石が溶けて塩化カルシウムと水、 そして二酸化炭素が発生することになります。発生量自体は大したことがありませんが、そんなことより大理石が溶けたらショックですよね。同様の理由で、コンクリートに対してクエン酸を用いるのもNGです。

塩素系に混ぜると危険

錆びてショックとか、溶けてショックくらいならまだ良いのですが、塩素系のものに関しては「混ぜるなキケン」というやつです。有毒ガスが発生してしまうため、絶対に避けるようにしましょう。

まとめ

クエン酸と重曹、セスキ炭酸ソーダの違いから、クエン酸の効果、クエン酸水の作り方からさまざまな掃除方法までをご紹介してきました。まず、クエン酸と重曹、セスキ炭酸ソーダの違いとは、アルカリ度の高さや溶けやすさ、汚れの落ちやすさであると言われています。中でもとくに汚れを落とす力が強いのは、セスキ炭酸ソーダであると言われています。

そして、クエン酸は酸性であるため、アルカリ性の汚れを中和する効果があり、水垢や石鹸カスなどを分解する作用があると言われています。そのため、キッチンの水回りやお風呂、トイレなどの掃除に役立つと言われています。

このようなことから、クエン酸を水に溶かしたクエン酸スプレーは、台所掃除やトイレ掃除、お風呂掃除、洗濯機や居間の壁など、日常の掃除に幅広く使うことができ、汚れを簡単に落とすことができます。ただし、クエン酸掃除をするときには、大理石や鉄に使用しないことや、塩素系の洗剤と混ぜないということに注意する必要があります。

これらの3点に注意しながら、日常の掃除にクエン酸を取り入れれば、今まで落とすことができなかった汚れも、きっと簡単に落とすことができるでしょう。また、クエン酸はナチュラルでエコな物質であるため、洗剤を使うよりも安く安全に使うことができるため、今後の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。