セルフカットをしている人は、最近増えてきています。セルフカットは難しそうと思いがちですが、意外にもコツをつかんで練習を重ねればできるようになります。セルフカットですと、自分の好きなようにカットすることができますので、より自由にカットを楽しむことができますし、コストも浮きます。ぜひ、気になる人は前向きに挑戦してみましょう。

セルフカットをロングヘアですることはできるの?

セルフカットと言えば、前髪をイメージする人が多いはずです。しかし、前髪以外のロングヘアでもセルフカットをすることができます!セルフカットは、やはり技術が必要になってきます。最初は、思うように上手くいかない人も多いことでしょう。

しかし、練習を重なれば感覚も良くなり上達していきます。セルフカットができるようになりますと、美容院に行く時間やコストを削減できたり、自分の思い通りの髪型にすることができます。美容院に行っても、あまり納得できない髪形になった人はけっこう多いはずです。ぜひ、これからは自分の好きな時に、好きな場所で、思いのまま好きな髪型を自分で作ってみてはいかがでしょうか?

セルフカットに必要なもの

ハサミ

ハサミは、髪切りバサミと、すきバサミの2種類を用意します。すきバサミは、髪の毛をすいて毛の量を調節するのに欠かせません。ハサミは、ピンからきりまでいろいろな値段のものがあります。安いものは、数百円でも買うことができますので探してみて下さい。

家にある文房具用のはさみは、セルフカットでは使わないようにしましょう。髪の毛を切ることはもちろんできますが、毛先のダメージを促してしまう恐れがあります。また、眉毛を切るようなコンパクトなはさみも一部分に使うのには良いですが、ロングカットの全体を切るのには適していないので使うのを避けましょう。

くし

毛先の流れを整えたり、髪を分けるのに使うためにくしを必ず用意します。手ぐしでするのと、ちゃんとくしを使ってするのでは完成度が変わってきます。そして、失敗を防ぐことができます。

くしは、日ごろ使っているものでかまいません。しかし、くしのきめの細かいものと、粗いものと、2パターンを用意しておくと便利です。細かい部分や前髪にはきめの細かいくしを使い、ざっくりとまとめたい時にはきめの粗いくしを使うと良いです。

ヘアピン・ゴム

セルフカットをする時には、一気に切るのではなく部分的に少しづつ切っていきます。なので、ヘアピンとゴムは切る時に邪魔な髪を止めるのに欠かせません。ヘアピンとゴムを使って、切る部分を分けることによって切りやすくなり、失敗も減ります。

ヘアピンは、ダッカールを使うとよりまとめやすくなります。とくに、髪の量が多い人は普通のピンでは何個も必要になる時があります。ピンを止める手間を省くためにも、ダッカールを使うと便利です。

セルフカットをする時には、明るく見やすい鏡を使うと良いです。鏡の見えやすさによっても、セルフカットの完成度を高めることができます。髪型の全体が見える大きな鏡と、近くを見たり後ろを見ることができる手鏡を用意しておくと便利です。

鏡を見る時には、姿勢を正しくして前傾しないように心がけましょう。前傾してしまいますと、髪の長さやバランスが変わって見えてしまいます。ですので、ヘアスタイルをチェックする時には鏡の前で背筋を伸ばして体勢を変えないように注意しましょう。

セルフカットの前にチェックすること

自分の顔の輪郭を把握する

自分の顔の輪郭を把握することは、髪型を決める時にとても大事です。自分の顔の輪郭を、日ごろからあまり意識している人は少ないことでしょう。ぜひ、セルフカットの前に鏡でじっくりと自分の顔の輪郭を把握してみて下さい。

ヘアスタイルによって、コンプレックスを目立たなくすることもできます。美容院などに言って、頼んだ髪型にしてもらった時に、なんか違うと感じた場合は、顔や骨格の形が違うことが多いです。なので、しっかりと自分の顔の輪郭を知って、自分に似合うヘアスタイルを研究することは大事です。

出来上がりをイメージする

自分のなりたい髪型になるためにには、事前の準備が成功のカギになります。ですので、セルフカットをする前にしっかりとイメージしていきましょう。しかし、イメージするだけでは足りません。イメージの時点では似合っていても、セルフカットした後に意外と似合わないと思うこともあります。

なので、イメージの段階でなるべく理想の髪型に近い状態を作ってみましょう。ピンや、ゴムなどを使ってみると具体的な形になっていきます。また、髪型や切る長さを迷っている場合には、どちらも試してみて決めると良いです。

雑誌などを参考にする

仕上がりをイメージすると言っても、プロならぬ身にはなかなか難しいものです。そこで、自分がなりたいヘアースタイルのタレントさんやモデルさんの写真などを雑誌で見つけて参考にすると良いでしょう。

自分の髪のタイプを把握する

髪質は、人によって様々です。自分の髪質は、やはり自分が一番知っています。髪をすくと、寝癖がつきやすくなる人や似合わなくなってしまう人もいます。反対に、髪をすかないままですと重く暗い印象になる人もいます。

それらは、過去のヘアカットの経験から知ったことかもしれません。そんな過去の経験を、ぜひもう一度思い出してみて下さい。そして、再び自分の髪質についてセルフカット前にチェックしてみましょう。髪質によって、切る量や切り方が変わってきます。

ロングのセルフカットのコツ

ブロックに分ける

まず最初は、ブロッグに分けてることが大事になります。後ろ、横、前をくしの後ろの部分などを使って丁寧に分けてピンやダッカールでとめていきましょう。後ろは、ゴムを使うとまとめやすいです。髪の量にもよりますが、前後左右に5分割に分けますと切りやすくなります。

とくに大事なのは、前髪と横の境目の分け目です。左右同じようにしないと、バランスが悪くなってしまいます。また、前髪の部分を広く取りすぎますと、顔が大きく見えてしまう恐れもあります。もちろん、自分が好きなように切ることが一番良いですが、失敗をしないためにも、ブロックを分けた後に大丈夫か確認を必ずするようにしましょう。

長めに残して切る

一度切った髪の毛は戻りませんので、長めに切ることを心がけましょう。ロングヘアの場合には、最初にサイドの髪から切っていきます。その後、後ろの髪を前に持ってきて切っていきます。切る時には、横にハサミを入れずに基本的に縦に入れて小刻みに切っていくことがポイントです。

ロングの場合は、毛量が多い人が多いので、小分けにピンでとめてから切ることも上手くいくコツです。少量づつ、ハサミを縦に入れることによって、大きな失敗を防ぐことができます。そして、長め長めを意識して最後にちゃんと微調節できるようにするのも成功へのカギです。

ロングの場合には、少し失敗してもショートの人のように目立ちません。そして、後ろの髪の毛が見えやすいので意外とセルフカットしやすいです。丁寧に少しづつを心がけてカットしていきましょう。

すきバサミで内側から少しずつ

いきなり表面から切っていくよりも、内側から少しづつ切っていくと上手く切ることができます。まずは、表面の髪をピンでとめて内側を残し切りやすい状態にします。そして、すきバサミを縦に斜めに入れていきます。

ここでポイントなのが、最後まですきバサミを閉めきらないことです。閉め切ってしまいますと、切りすぎて失敗の元になりますので注意しましょう。最初に内側の髪から切ることによって、後から切る外側の髪は内側に合わせて切れば上手くいくようになります。

髪の毛のボリュームを落としたい時には、レイヤーをつけると効果的です。レイヤーの付け方にはいろいろなパターンがありますが、内側を少し軽くして外側よりも短めに切る方法が簡単で失敗しにくいです。

セルフカットをマスターして、より自由に美しい自分へ!

セルフカットは、最初から完璧に上手くのは難しいかもしれません。ですので、最初は整えることから始めてみましょう!そして、慣れてきたら長さを変えることにも挑戦してみると良いです。

しっかりやり方とコツを抑えて、自分で自分を美しくしていきましょう!セルフカットができるようになりますと、より自由におしゃれを楽しむことができますし、大きな自信にもつながります。