Dカップの女性が年々増えているという結果が出ています。Dカップは男性の理想のバストのサイズでもあります。バストを大きくする仕組みやDカップのサイズ感や服のサイズなどを参考にして、理想的なDカップを手に入れましょう。BカップやCカップの女性がバストの大きくするために大切なことを紹介します。

バストDカップサイズの女性が増えているって本当!?

Dカップは男女の憧れのバストサイズ…

近年ではさまざまなアンケートの結果によってDカップの女性が増えていることは判明してます。かつては、日本人の多くの女性がBカップやCカップでした。これは、日本人の平均的なバストサイズとして多くの人が知っていることです。しかし、近年ではさまざまな言葉理由でDカップの女性が全体に約47.1%もいるのです。

BカップやCカップの女性は「Dカップくらいのバストサイズになりたい」という気持ちを持っています。Dカップのバストサイズが「大きすぎず小さすぎない」丁度いいサイズだと考えるのです。この考えによって多くの人が、自分のバストを大きくする努力をします。その結果年々バストDカップサイズの女性が増えるのです。

中には、「自分もバストDカップサイズになりたい」と考えている人もいるかと思います。この時に、真っ先に「豊胸手術」を考えるのではなく「自分の努力でバストサイズをアップさせる」意識を持つことが大切です。また、バストが大きくなる仕組みを把握しておくことも大切です。Dカップを目指して後悔しないように事前にDカップのサイズ感や服のサイズをイメージしましょう。

Dカップのサイズ感を知ろう!憧れのDカップとは!?

Dカップの重さってどのくらい!?

Dカップは、男女問わず多くの人が「大きすぎ小さすぎないサイズ」「丁度手に収まるサイズ」などの好印象を持っています。そのため「Dカップ=理想的なバストサイズ」と考える人も少なくないです。この時に、大きさだけに注目をして「重さ」を気にしない人もいます。しかし、実際に自分がDカップになった時に重さからさまざまな症状が現れる可能性もあるでの注意をしてください。

Dカップの重さは、片胸で約390gです。これは果物で表現すると「グレープフルーツ」と同じくらいの重さです。そのため、重さのイメージとしては両胸にグレープフルーツが付いているような感じです。また、片胸の重さから、両胸の重さを出すことが出来ます。Dカップの両胸の重さは約780gにもなるのです。これは「週刊少年ジャンプ」と同じ程度の重さです。

貧乳のイメージを持たれるAカップの重さは片胸で約70g、両胸で約140gです。AカップとDカップの重さを比較すると片胸で約320g、両胸で約640gもの差があると判断できます。Aカップの人がいきなりDカップになることで、この重さによって戸惑いを感じる女性も少なくないです。また、重さが原因で急に肩こりを感じる人もいるので注意をしましょう。

Dカップといってもアンダーバストでサイズは変わる!?

アンダーバストが変わると見た目や質量が変化する!?

バストのカップ数は「アンダーバストとトップバストの差」で決まります。そのため、Aカップは差が10.0センチ、Bカップは差が12.5センチ、Cカップは差が15.0センチ、Dカップは差が17.5センチなのです。これは、カップ数が1つ上がることでアンダーバストとトップバストの差も2.5センチずつ開きます。

そのため、どれだけトップバストが大きくてもアンダーバストがあればカップ数も小さくなるのです。このことから、カップ数だけではバストのサイズを見極めることは難しいと判断できます。実際にサイズ感のイメージで自分のバストサイズを決めつける人もいます。このような人は正確なサイズを測った時に2.3カップ上がることもあるのです。

見た目の大きさはバストの質量によって変わります。質量はアンダーバストのサイズで決まると言っても過言ではありません。Dカップアンダーバスト65=Cカップアンダー70=Bカップアンダーバスト75=Aカップアンダー80の質量です。そのため、人によってはDカップあったとしても「自分はBカップアンダー75」と勘違いすることもあります。

アンダー70では「Dカップアンダー70=Eカップアンダー65=Cカップアンダー65=Bカップアンダー70=Aカップアンダー75」です。アンダー75では、「Dカップアンダー75=Fカップアンダー65=Eカップアンダー70=Cカップアンダー80=Bカップアンダー85=Aカップアンダー90」です。バストサイズを質量で考えると、違うカップ数のブラジャーでも比較的フィットします。

そのため、自分のバストサイズに合うブラジャーがない時には「アンダーサイズを1つあげて、カップ数を1つ下げる」人も多いです。この方法でブラジャーを選ぶことで、質量が変わらない為「サイズが合わなくて窮屈」などの状況を予防出来ます。反対に「サイズがでかすぎてブラジャーをつけている意味がない」状況にもなりにくいです。

Dカップの服のサイズは!?バストが窮屈になる!?

Dカップであればフリーサイズが着れる!

Dカップは、大きすぎることも小さすぎることもないバストサイズです。そのため、Dカップのブラジャーをつけている人に対して「巨乳」だと感じる人はほとんどいません。また、比較的平均サイズなので、「バストが窮屈で服が着れない」などの悩みを抱える必要もないです。基本的にTシャツであれば、Dカップの人の服でもフリーサイズです。

体型にもよりますが、伸縮性のある洋服では「Dカップだから服のサイズがない」ということもないです。しかし、伸縮性のないブラウスなどでは「ボタンがしづらい」「バストが窮屈」などの状況に陥ることもあります。この時には、Dカップの人は洋服のサイズを1つ大きくする必要もあります。バストが窮屈になるのは嫌だと感じる人は洋服の素材を手に取って確かめましょう。

この時に、しっかりと伸縮性があるかどうかを判断する必要はあります。「伸縮性がない」「伸縮性がそれほど優れていない」と言う時には、一度試着をすることも大切です。Yシャツ系の洋服はぴったりサイズを着ると気が付かないうちにボタンが外れている可能性もあるので注意をしましょう。気が付かないうちにボタンが外れていれば、自分が恥ずかしい思いをします。

基本的には、BカップやCカップの人のように、普段の自分のサイズの洋服で窮屈さを感じることはほとんどありません。そのため、Dカップだからと必要以上に洋服のサイズを気にすることもなく、自分の好きなファッションが楽しめます。

Dカップのサイズ感でどんな感じ!?多くの人が考えるDカップサイズ

DカップとCカップのサイズ感は全然違うって本当!?

Dカップのサイズ感がいまいちわからないという人も少なくないです。重さや質量などからでは、実際に自分がDカップを手にれないと想像しにくいのです。多くの人が持っているDカップのサイズ感としては以下です。バストDカップの女性に周りの人がどんな印象を持っているのかを把握しましょう。

・Dカップになるとはっきりとした谷間が存在する
・女性の手では胸が余るが、男子の手には丁度スッポリと収まる大きさ
・バストを下から持ち上げた時に程よい重量を感じる
・大きすぎる印象や小さすぎる印象もなくバストのバランスが丁度良い

などのDカップのサイズ感を持っています。Dカップのサイズ感としてマイナスな印象を持っている人は少ないです。また、平均的なバストサイズのCカップと憧れの多いDカップでは、持っているサイズ感のイメージも大きく異なります。Dカップのサイズ感だけではなく、それぞれのカップ数に合わせたサイズ感をしっかりと把握しましょう。

Aカップのサイズ感は?

Aカップ=貧乳と考えている人も少なくないです。Aカップの女性は「自分のバストが小さい」というコンプレックスを感じていることが多いようです。Aカップのバストサイズに、多くの人がどんなサイズ感のイメージを持っているのかをしっかりと把握しましょう。Aカップのサイズ感は以下です。

・申し訳程度のバストの膨らみがある
・バストを揉めるほどの大きさではない
・洋服を着てしまえばバストは膨らんでいることがほとんどわからない
・襟元がぴったりしていない服だと前かがみになった時に、洋服の中が全て見えそう
・Aカップのような貧乳を好む熱狂的なファンも一部では存在している

Bカップのサイズ感とは?

Bカップは日本人の女性に多いバストサイズです。そのため、多くの人が「もう少し大きなバストを手に入れたい」という悩みを抱えます。平均的なバストサイズでも、マイナスなイメージを持っている人は少なくないです。Bカップのサイズ感は以下です。

・女性の手で覆った時に、軽く隙間が出来るくらいのサイズ感
・比較的ぴったりとした洋服を着ていないと、洋服の上からではバストサイズがわかりにくい
・平均的なバストサイズでも膨らみが少なく下乳的な存在

Cカップのサイズ感とは?

Cカップのバストサイズは日本人女性に最も多いサイズだと言われています。これは数々のアンケートによる結果です。バストCカップになると「小さすぎる」などの印象はなくなります。しかし、Cカップの女性はカップ数をあげてDカップの存在感のあるバストが欲しい」と考えます。Cカップのサイズ感は以下です。

・最も平均的なバストの大きさ
・女性の手であればスッポリとバストは収まる、男性の手では軽く隙間が出来るくらいにサイズ感
・ぴっらりとしたものや細身のデザインの服であれば、それなりにバストの膨らみがわかる
・ニットを着た時でも、バランスが良くスタイルが良く見えるサイズ
・ただ、仰向けで寝っ転がるとバストがないようにも見える

Eカップのサイズ感とは?

バストEカップサイズになると、多くの人が「バストが大きい」などのイメージを持ちます。またバストの大きさや重さによってさまざまな悩みを抱えるのもEカップの特徴なのです。Eカップになるとさまざまな悩みから「Dカップになりたい」とバストを小さくしたいと考えます。Eカップのサイズ感は以下です。

・グラマラスな体型に見える
・Eカップはアンダー65と70の女性がもっとも美しく見える
・バストを下から持ち上げた時の重量が最も丁度いいと感じる
・細身のデザインの洋服やニットを着ると必要以上にセクシーさを強調しているように見える
・Aラインのワンピースやバーカーなどのゆったりとした洋服では太って見えることが多い

バストが成長する仕組みってなに!?

バストサイズは遺伝するのは「嘘」!?

自分の親のバストサイズが小さいことで「自分は大きなバストを手に入れるのは無理だ」「これは遺伝だから諦めるしかない」と考える人もいます。

しかし、さまざまな研究によって「バストサイズは遺伝」というのは嘘だと証明されています。実はバストサイズには胸の中にある乳腺の数が関係していて、これが多ければ多いほどバストが大きくなるそうです。この乳腺の数は、女性ホルモンの分泌によって刺激を受けて増えると言われています。

そのため、思春期から成人期にかけて女性ホルモンは多く分泌された人のバストは大きいのです。女性ホルモンは多いほど脂肪がつきやすいのです。女性ホルモンの分泌量に比例してバストサイズが変わるといっても過言ではありません。

この時期に過度のスポーツや無理なダイエットをするとストレスを抱えます。そのため、女性ホルモンの分泌が減少してバストが成長出来ません。

思春期や成人期にバストを大きくしたいと考える人は、まず女性ホルモンの分泌を活発にさせることが大切です。そのためには、規則正しい生活をして食生活にも気を遣う必要があります。「ストレスを感じた時にはすぐに発散させる」「早寝早起きをする」などの基本的なことから始めてください。

ブラジャーはDカップサイズまでの種類が豊富!?

このようにバストDカップサイズは多くの人が理想にしているサイズだと判断できます。Dカップに憧れている人は、まず「Dカップのサイズ感」をしっかりと把握してください。Dカップのサイズ感を理解しないまま、バストを大きくする方法を行うことで「イメージと違う」「元の小さいカップ数に戻したい」などの状況に陥る可能性もあります。

また、Dカップは多くの人から好印象を持たれるサイズであるとも言えます。ただ、日本人の平均的なバストサイズはBカップやCカップなので必要以上に落ち込む必要はありません。日本で販売されているブラジャーで種類が豊富なのはDカップサイズまでです。Eカップ以降になるとブラジャーの種類やデザインが一気に少なくなるので注意をしてください。