ニベアの青缶は、誰もが知っている昔からあるクリームです。ニベアの青缶は、ハンドクリームという印象が強い人が多いかもしれません。しかし、肌だけではなく髪にも効果があります!ぜひ、ヘアケアの仕方とコツを知って生活に取り入れてみましょう。

青缶ニベアで髪が艶やかになるって本当?その理由とは

青缶のニベアを、髪につけるのに抵抗がある人は多いと思います。しかし、ニベアには肌だけではなく髪も艶やかにする効果が隠されています。ヘアケア商品をいろいろな試している人は、意外にも近くに答えがあるかもしれません。

しかし、ニベアはなぜ髪にも効果があるのでしょうか?その理由と、効果のある使い方やコツを紹介します。ちゃんと理由を知ることによって、青缶のニベアを見直すきっかけになることでしょう。ぜひ、身近な存在にあるニベアのヘアケアを知っていきましょう!

ニベアについて

愛称「青缶」

一般的にニベアとは、「ニベア花王株式会社」が出している商品のことを言います。その中には、ボディークリーム、リップ、日焼け止めなどいろいろな商品のラインナップが揃っています。その中でも、今回のヘアケアで使うのは青缶のニベアです。

ニベアの商品の中でも、一番スタンダードなものになります。見た目の通り、青い缶に入っていることから青缶の愛称で呼ばれています。

コスパが良い

ニベアの魅力の1つに、コスパが良いところです。どれだけ効果があり質の高い商品でも、価格が高めですと続けて買うことが難しいです。ですので、価格はとても大事です。

そんな青缶のニベアの値段は、400円弱になります。また、量も169gと満足いくたっぷりな量です。ですので、どんな人でも気軽に手に入れることができます。価格が高くて、質が高いのは当たり前です。ニベアは価格が安いのに質の高い優れた万能クリームです。

全身に使える!?

ニベアは、高い保湿力で有名です。なので、昔からハンドクリームに使っている人は多いことでしょう。しかし、手だけではなく全身に使うことができるクリームです。最近では、顔に使用している人も増えてきています。

高い保湿成分で、顔の乾燥を防ぎ潤いのある肌へと導いてくれます。肌をちゃんと保湿をすることは、シミの発生を防ぎ美白のサポートをすることにもつながります。また、しわ予防にも効果的です。

そして、なんとまつげにも使うことができます。まつげの育毛成分が入っているわけではありませんが、まつげの生え際を中心に塗ることによって、しっかりと保湿されます。メイクなどで乾燥したり傷んでいる人はとくに、しっかりと保湿されることによって、元気でしっかりとしたまつげに導いてくれます。

その他にも、ニキビにも効果があります。出来ているニキビにもよるのですが、ニキビができる大きな原因の1つに乾燥があります。なので、乾燥によってできたニキビには効果が期待できます。

ニベアはどうして髪に良いの?

高級化粧品と同じ成分

ニベアが、優れたクリームということを証明するのには中に含まれている成分が大事です。そんなニベアの成分は、60mlあたり33.000円もする高級クリームにとても似ています。ニベアと、高級クリームに含まれている成分の中で同じ成分を上げてみました。

水、ミネラルオイル、ワセリン、水添ポリイソブテン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、硫酸Mg、オレイン酸デジル、ジステアリン酸Al、オクチルドデカノール、香料、クエン酸、ステアリン酸Mg、安息香酸Na

こんなにも、成分表示を比較しますと同じ成分が上げられます。成分の表示の割合からしますと、なんと8割ほど同じ成分になります。成分の、配合や濃度が同じではないとしても、とても質の高い成分が含まれていることが分かります。

高い保湿効果

ニベアには、スクワラン、ホホバオイル、クエン酸と保湿力に優れた成分を中心に含まれています。なので、保湿力にはとても優れたクリームです。乾燥した髪は、潤いやツヤがなくパサついた印象になってしまいます。

なので、保湿は髪にとってとても大事です。保湿クリームですので、少しべたつくと感じる人もいるかもしれません。そのような時には、量を減らして使ってみましょう。普通のクリームと比べて量は少なめでも、保湿効果が高いので十分髪を潤すことができます。

髪の摩擦を和らげる

髪の摩擦を和らげることで、髪へのダメージを減らすことができます。髪への摩擦が発生する時に多いのは、シャンプーの時です。ですので、シャンプーの前に頭皮や髪にニベアをつけることによって、摩擦を和らげることができます。

やり方は簡単で、ニベアを髪や頭皮につけたまま数分おいた後、そのままシャンプーをします。よく泡立てて丁寧に洗い流すようにすれば、ニベアはきれいに落ちます。普段通りの洗髪で落とすことができるので、特別なステップを踏む必要がありません。

ニベアでヘアケアをする時の使い方

タオルドライの後になじませる

タオルで軽く髪の水分をとってから、手のひらで一度なじませた少量のニベアを髪につけます。この時、缶からすくってすぐ髪につけるのではなく、一度手のひらでくるくるとなじませるのがポイント!手の温度でクリームがやわらかくなるだけでなく、あたためることで髪にしっかりとなじんでくれます。

ドライヤーによる乾燥は髪の大敵。タオルドライ後の髪にはまだ水分が残っているので、ニベアを髪になじませることで、ドライヤーの熱から保護してくれます。ニベアの膜で髪の毛の潤いを守るので、ドライヤーで乾かしても艶やかな髪をキープすることができます。油分が毛先のパサつきも抑えてくれ、スタイリングも決まります。

シャンプーする前にニベアでパック

ゴワゴワがさがさの傷んだ髪には、シャンプーをする前のパックがおすすめ!ニベアパックなら簡単です。シャンプーをする前に、手で薄く伸ばしたニベアを髪に塗りこみ、ホットタオルで巻いて10分ほど蒸らしてから普段通り髪をあらうだけ。半身浴をしながらゆっくり読書をしてもいいですね。

ホットタオルを使うことで、ニベアのヘアパックが浸透するだけでなく、血流も良くなるので髪が生き生きと健康になります。ダメージを受けた髪のスペシャルケアとして、一週間に一度程度でも良いので、ぜひ取り入れてみてください。

トリートメントのかわりに使う

洗い流すトリートメントと、同じような感覚でニベアも使うことができます。シャンプーをした後に、ニベアを髪全体になじませてから流していきます。トリートメントと同じで、ダメージが気になる部分を中心になじませて、その後丁寧にすすいでいきましょう。

高級クリームと同じ成分と、保湿力の高さによって髪を潤しサラサラで艶のある髪に導いてくれます。値段も安いので、おしみなくたっぷりと使うこともできるところも嬉しいです。しかし、付けすぎはべたつきの元にもなるので量の加減を注意しましょう。

ヘアパック後に蓋をする

ヘアパックをするだけでも、髪に潤いを促し美しい髪へと導きます。しかし、そんなヘアパックをした後に、ニベアをつけることによってさらに効果を高めてくれます。ヘアパックの上に、さらに蓋をするようなイメージでニベアを重ねてつけていきます。

そうすることで、ヘアパックの浸透も良くなり栄養も髪へと伝わりやすくなります。なので、日ごろしているヘアパックをグレードアップしてくれます。

ニベアを使うヘアケアのコツ

つけ過ぎには要注意

ニベアは、量を多く使いますとベタベタになってしまう恐れがあります。とくに、頭皮近くにつけるとべたっとなり、見ためもあまり良くありません。潤っている髪になりたいからと言って、たくさんつけると良いというわけではありません。ベタベタになり、サラサラな髪が遠のいてしまいます。

つけ過ぎを防止するためには、最初は少なめと思うぐらいの量から使っていくことです。足りなければ、調節してプラスすることができます。一度にたくさんの量をつけてしまいますと、後戻りしにくくなってしまうので注意しましょう。

毛先に揉みこむ

毛先は、乾燥やダメージが気になる場所です。なので、毛先にニベアを揉みこむことによって、保湿がしっかりとでき、潤った毛先にしてくれます。トリートメントをつける時と同じような感覚で、優しく揉みこんでいきましょう。

しっかりと揉みこみことによって、より保湿成分が髪へと浸透してくれます。毛先まできれいな髪になるためにも、乾燥は大敵です。ぜひ、毛先にしっかりと保湿と栄養を与えていきましょう。

ニベアの青缶で潤いたっぷりの美しい髪へ!

ニベアのことや、ニベアを使ったヘアケアのことを、よく知っていただけたでしょうか?少しでも興味があった人は、ぜひ1つでも取り入れてみて下さい。身近なニベアは、とても万能なクリームで髪にも使わないともったいないです。ぜひ、潤いのある艶やかな髪になって、より自分を磨いていきましょう!