縮毛矯正が市販のもので出来るの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。市販のものなら、いつでも自宅で手軽に縮毛矯正ができますよね。おすすめの市販の縮毛矯正剤、使い方と注意点などについて解説します。

自宅で出来る?市販縮毛矯正剤の紹介

くせ毛の人は、梅雨の時期など憂鬱ですよね。湿気で膨張した髪、決まらないヘアスタイル…朝は時間がかかるし、毎日ひとつにまとめるしか術がないなど悩みはつきません。

美容室で縮毛矯正も良いですが、時間とお金がかかって頻繁には行けません。最近では、ドラッグストアなどで縮毛矯正剤が販売されていますが、自宅で手軽に出来るのでしょうか。市販されている縮毛矯正剤の中でおすすめの商品やその効果について紹介いたします。

べネゼル縮毛矯正セットロングヘア用

2大原因にWストレート処方

くせ毛には大きな2つの原因があります。まず1つめはタンパク質の結合です。くせの強さは、髪内部のタンパク質結合の度合いで違ってきますが、直毛はきちんと結合しているいのに対して、くせ毛はずれて結びついているため、髪がゆがんでくせが出てしまいます。

2つめは、髪の毛の大部分を形成する毛皮質(コルテックス)と呼ばれるケラチンタンパク質です。この分布が均一であれば直毛、不均一であればねじれて髪の毛が縮れます。

この2つの原因に着目して、ゆがんだ結合を切り矯正し整える成分であるチオグリコール酸、不均一な毛皮質(コルテックス)の水分バランスを調整するシスステイン誘導体を配合しており、頑固なくせをまっすぐに矯正することができるのです。

雨の日も広がらない

髪の毛内部の大部分を占める毛皮質(コルテックス)は、p-コルテックスとo-コルテックスというタンパク繊維から形成されています。p-コルテックスは硬いタンパク繊維で髪の毛のハリを出し、o-コルテックスは柔らかいタンパク繊維で、水分を多く吸収します。

くせ毛の人は、o-コルテックスが不均一に分布していたり、多く持っているため、湿気が多い日や雨の日は水分を吸収して膨張したり、うねりが出やすくなってしまいます。

くせ毛の大敵、湿気をブロックする成分として高分子シリコンを配合、さらにストレートを長く保ってくれるシルクプロテインを配合しているためハリやコシ、さらにツヤが出ます。

ドライヤー使用の矯正方法

縮毛矯正の失敗のひとつに、いわゆるビビリ毛と呼ばれる状態になってしまうことがあります。ヘアアイロンで縮毛矯正する商品もありますが、高温になるというメリットとともに設定が高すぎると熱によって髪の毛の構造が壊れて、髪の毛が焦げてしまったような状態になってしまいます。

べネゼル縮毛矯正セットロングヘア用は、付属のくせ毛矯正ブラシで髪を引っ張りながら、ドライヤーをあて薬剤を固定させます。ドライヤーは高温になりすぎる心配はほとんどありませんので、ビビリ毛が出るような失敗をしにくいと言えるでしょう。

ごわつきを抑えサラサラに

縮毛矯正ではサラサラの髪の毛に仕上げたいものです。べネゼル縮毛矯正セットには、毛髪柔軟成分マイクロカチオン配合しているため、ごわつきを抑えて手触りがサラサラになります。ほかにも、コラーゲン、ヒアルロン酸、パールプロテインが配合されているので、しなやかで、潤いやツヤのある仕上がり感を得ることができる処方になっています。

やり方と効果

やり方は以下の通りです。

1.髪を整える:付属のブラシで髪の流れを整えます。
2.第1剤の塗布:全体に塗布して放置、付属ブラシでまっすぐにのばしてさらに放置します。
3.髪の軟化をチェック:髪の毛を指にまきつけ戻らずそのままであればOKです。
4.中間すすぎ洗い:ぬるま湯で地肌までしっかり洗い流します。シャンプーは不要です。
5.くせ毛の矯正:付属のブラシでまっすぐ伸ばしながら完全に乾くまでドライヤーをあてます。
6.第2剤を塗布:第1剤と同じ手順で塗布し15分放置します。
7.髪の毛をすすぐ:ぬるま湯で地肌までしっかり洗い流します。付属美容液をつけて乾かします。
●放置時間など詳しい使用方法は、使用説明書をよく読んで正しくお使いください

しっかり矯正するコツは、3つあります。まず手順1でヘアクリップを使い6~8か所ブロッキングして、第1剤をムラなく塗りましょう。そして最も重要なのが、手順3の軟化です。タンパク質がゆがんで結合している状態から、一度結合をはずして、正しく結合させるのが縮毛矯正です。

髪をやわらかくする軟化ができていないと、縮毛矯正がかかりません。タンパク質の結合をはずす第1剤をたっぷり塗って適切な時間放置し、軟化できたかどうか確認しましょう。薬剤を塗布する際は、コームでしっかりと伸ばしながら塗りましょう。ひっかかりがあれば優しくほぐしながら塗ることで全体に行き渡ります。

また、手順5ドライヤーで伸ばす際は、まっすぐ伸ばし完全に乾かすようにしてください。付属のブラシは360度・ロール状のくし歯で、髪を絡めとりながら1本1本をまっすぐ矯正しやすい構造になっています。少量ずつとって伸ばし内側など忘れのないよう気を付けてくださいね。

PROQUALITE 縮毛矯正セットショートヘア用

くせ毛女性の悩みを解決

くせ毛の主な悩みは、「髪が膨張して広がる」、「髪型が限定される」、「乾燥してツヤが出ない」などがあげられます。そのような、くせ毛女性の悩みを解決するのがウテナの「PROQUALITE(プロカリテ)」シリーズです。ストレートパーマだけではなく、シャンプーやスタイリング剤など、くせ毛のトータルケアができるラインナップです。

ニーズに合わせたメニュー

くせの強さや矯正したい度合い、矯正後のケアなどくせ毛の人のニーズに合わせたトータルケアができる商品が揃っています。

●ヘアケアシリーズ
湿気ガードで、うねりや広がりをおさえ、サラサラのなめらかな髪へと導く成分を配合した、ストレートメイクシャンプー、ストレートメイクコンディショナー、ストレートメイクパック(トリートメント)のシリーズです。

●トリートメント&スタイリングシリーズ
スタイリング前にケアすることで、湿気をおさえ、まとまりやすい髪スタイルがつくれます。まっすぐうるおい水、まっすぐブローウォーター、まっすぐしっとりクリーム、とろとろジュレ(洗い流さないトリートメント)の4商品です。

●ストレーパーマシリーズ
くせ毛を芯からまっすぐ伸ばすEXストレートパーマと縮毛矯正セットです。

艶めくさら髪ストレートへ

ドライヤーで髪を伸ばす前にホットアイロンマニキュアを塗布します。熱を加えることで配合成分が髪の芯までうるいおいを浸透し、傷みを抑え、艶めくさら髪ストレートにしてくれます。

ホットアイロンマニキュアには、キューティクルグロス成分、ヒートプロテクト成分、ホットアイロン成分、加水分解シルク・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(毛髪保湿成分)が配合されています。

頑固なくせ毛も芯から矯正

プロカリテ独自の4ステップ矯正システムが頑固なくせ毛も芯から矯正します。4ステップ矯正システムとは、1.第1剤でタンパク質結合をはずし、2.第2剤で正しく結合させ、まっすぐに矯正、3.ホットアイロンマニキュアでうるおいを浸透させ、4.スムースキープエッセンスで髪の表面をコートして湿気から守ります。

くせをまっすぐに矯正すると同時に、湿気をガードする効果のある成分や、トリートメント効果のある成分を髪の毛の中にまで浸透させることで、まとまる、サラサラの質感のストレートを持続してくれます。

使い方と効果

やり方は以下の通りです。

1.第1剤の塗布:まんべんなく塗布して、付属のコームでまっすぐにとかします。
2.中間すすぎ洗い:5~15分放置後、ぬるま湯で地肌まで丁寧にすすぎます。
3.第2剤の塗布:髪の根元から塗布し、15分放置します。
4.髪の毛を洗う:ぬるま湯で地肌までしっかり洗い流します。
5.ホットアイロンマニキュアを塗布:毛先から塗布し、専用コームでとかします。
6.すすぎ洗い:3~5分放置後、ぬるま湯でよくすすぎます。
7.くせ毛の矯正:ドライヤーで髪を乾かしながらまっすぐにブローします。
8.スムースキープエッセンスを塗布:毛先から均一になじませます。
●放置時間など詳しい使用方法は、使用説明書をよく読んで正しくお使いください

前髪のうねりが気になる人は、前髪だけでも縮毛矯正をかけると朝の支度の時間が短縮されます。前髪だけでしたら、ショートヘア用で十分な量です。ただし、使いかけの保存はできませんので注意してください。

縮毛矯正後は、タンパク質系成分であるポリペプチドを含むケア用品を使うと矯正が長持ちします。プロカリテシリーズのシャンプー、リンスなどが該当しますので、シリーズで使用すると効果的ですね。

縮毛矯正の値段はどれくらい?

美容室でやってもらう場合

美容室で縮毛矯正をやってもらう場合、12,000円~20,000円くらいの値段設定が多いようです。値段は美容室それぞれが決めるものですが、美容室のある場所、技術者のレベル、美容室の人気度などにより違いが生じるようです。

美容室の縮毛矯正は、新しく伸びてきた部分はくせ毛のままですが、基本的には一度行うと半永久的にストレートになったまま元に戻りません。値段が高いように感じますが、縮毛矯正は通常のカットやパーマより時間がかかるため、シャンプー、カット込みで12,000円~20,000円が平均的であるようです。

自宅で市販のものでやる場合

先にご紹介した、べネゼル縮毛矯正セットロングヘア用は、価格(税抜)1,600円、セット内容は、第1剤(100g)、第2剤(100g)、縮毛ブローブラシ、つばきオイル配合のヘア美容液(5ml)、ピッタリフィット手袋です。

プロカリテ 縮毛矯正セット ショート用は、価格(税抜)1,200円 、セット内容は、第1剤:50g、第2剤:50g、ホットアイロンマニキュアa:15g、スムースキープエッセンスb:5g×3回分です。

ドラッグストアなどで購入できる市販のものであれば、大抵2,000円以下で縮毛矯正ができるようです。必要なものはほとんど揃っているのでいつでも始められます。

市販の縮毛矯正のメリットとデメリット

メリットは

市販の縮毛矯正の薬剤は、美容室で使われているものと比べて強めになっていますので、髪をストレートにする効果は十分あります。価格も、美容室のものに比べて10分の1程度で済みますし、真夜中でも早朝でも自分の好きな時間に自宅に居ながら縮毛矯正ができるのが嬉しいですね。

デメリットは

自分で縮毛矯正をする場合は、見えない後頭部に薬剤を塗ったり、ドライヤーでまっすぐ伸ばしたりしますのでかなり大変な作業です。ロングヘア、髪の毛の量が多い、くせが強い人はさらに労力が必要になるかもしれません。

また、美容師さんは経験によりその人の髪の状態に合わせて薬剤を調整してくれますが、市販のものですとそのような訳にはいきません。自分でするとくせがまっすぐに伸びきらず失敗していまうことや、髪を傷めてしまうリスクもあることを知っておきましょう。

自分で行う際には、各商品の説明書を熟読して、手順や放置時間などに従ってください。縮毛矯正前は、リンス・トリートメント・整髪料は使わず、シャンプーだけにしましょう。髪の毛の表面に油膜をつくるリンスなどは矯正が効きにくくなります。縮毛矯正後は、くせ毛専用のケア用品を使うと傷みにくく矯正が長持ちします。

縮毛矯正はどれくらいの期間でかけるの?

ショートの場合

縮毛矯正は、基本的にかけた部分が取れてしまうことはなく、伸びてきた根元のくせのせいで、うねりが出たり、スタイリングが決まらなくなってくると気になってきます。

縮毛矯正は傷みやすいので、最低2ヶ月あけると良いと言われています。美容室であれば、2回目以降は伸びてきた根元だけクセを伸ばす薬剤にして、毛先には弱いタイプの薬剤にしてくれます。

髪の毛は1ヶ月に1cmくらい伸びるため、ショートの人は早くうねりが出て気になってきます。髪の毛が短く軽いので、根元のくせのせいで浮いてきてしまうのです。ショートヘアでくせが強い人であれば、2ヶ月くらいで縮毛矯正をかけると良いでしょう。

ロングの場合

ミディアム、ロングヘアの場合は、髪の重みがあるので広がりにくく、根元が伸びてもくせが気になりません。髪をカットする際はすきすぎないで、ある程度重みのあるヘアスタイルの方が縮毛矯正は長持ちしますよ。

縮毛矯正は短すぎるとかけにくく、伸びてすぐにくせが出てしまいますので、男性で縮毛矯正をしたい人はソフトモヒカン、ツーブロックなどミディアムヘアがおすすめです。

ミディアムなら3〜4ヶ月、ロングヘアなら4〜6ヶ月くらいの期間をあけて縮毛矯正をかけましょう。縮毛矯正をかけた後は、ドライヤーで乾かすだけでまっすぐになると思われがちですが、洗った後は必ずブローして、洗い流さないトリートメントなどでケアすることが傷みを抑えるために大切です。

まとめ

縮毛矯正は市販のものでも十分まっすぐになる効果ありますが、「簡単」とは言えないかもしれません。あまりくせの強くない人や前髪だけなど部分的な矯正から試すのも良いでしょう。

自分で縮毛矯正する際は、しっかり髪の毛を伸ばしながらまんべんなく薬剤を塗って放置したら十分洗い流すこと、ドライヤーで完全に乾燥させることなど、ポイント・注意点を踏まえて行ってください。施術後の髪のケアも念入りに行うようにしましょう。